• トップ
  • リリース
  • 創価大学経営学部の野村佐智代ゼミが12月8〜10日の「エコプロ2016〜環境とエネルギーの未来展」に出展 -- 廃材を再利用したブースでエコ知識を紹介

プレスリリース

  • 記事画像1

創価大学経営学部の野村佐智代ゼミが12月8〜10日の「エコプロ2016〜環境とエネルギーの未来展」に出展 -- 廃材を再利用したブースでエコ知識を紹介

(Digital PR Platform) 2016年12月01日(木)08時05分配信 Digital PR Platform

創価大学経営学部の野村佐智代ゼミは、12月8日(木)〜10日(土)に東京ビッグサイトで開催される「エコプロ2016〜環境とエネルギーの未来展」(主催:産業環境管理協会、日本経済新聞社)の大学教育機関コーナーに出展する。入場無料、事前登録制。


 創価大学経営学部の野村佐智代ゼミでは、地球環境問題を共通のテーマとして、企業財務の手法を用いて企業評価を行っている。また、ケーススタディとしてさまざまな企業の環境活動を学習し、これまで財務的な視点での評価が重要視されてきた企業評価を社会的な側面も含めて総合的にできる力を身につけることを目標としている。

 このたび野村ゼミが出展する「エコプロ2016〜環境とエネルギーの未来展」は、企業やNPO・NGO、行政・自治体、大学・研究機関、一般生活者といったさまざまな立場の人が集まり、ビジネスからライフスタイルまで幅広くそれぞれのスタイルで環境にやさしい持続可能な社会の実現を考える、アジア最大級の参加体験型環境イベント。18回目となる今年は730社・団体が出展し、175,000人の参加が見込まれている。

 野村ゼミは「身近な環境問題への気づき」をテーマに、廃材を再利用したブースでさまざまなエコ知識を紹介。また、地域興し支援の一環として、ラベル造りなどの委託を受けている信州の限界集落の名産品の販売も行う。概要は下記の通り。

◆「エコプロ2016〜環境とエネルギーの未来展」概要
【会 期】 12月8日(木)〜10日(土) 10:00〜18:00 (10日は17:00まで)
【会 場】
 東京ビッグサイト(東京国際展示場)
 ※野村ゼミ:大学教育機関コーナー(東1ホール)
【主 催】 一般社団法人産業環境管理協会、日本経済新聞社
【入場料】 無料(登録制)
【ウェブサイト】 http://eco-pro.com/2016/

●創価大学経営学部サイト
 http://keiei.soka.ac.jp/

▼本件に関する問い合わせ先
 創価大学 企画室企画広報課
 TEL: 042-691-9442
 E-mail: publicrelation@soka.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る