• トップ
  • リリース
  • 神田外語グループが12月3日に「第5回全国学生英語プレゼンテーションコンテスト」を開催 -- 最優秀者には文部科学大臣賞を授与

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

神田外語グループが12月3日に「第5回全国学生英語プレゼンテーションコンテスト」を開催 -- 最優秀者には文部科学大臣賞を授与

(Digital PR Platform) 2016年11月29日(火)08時05分配信 Digital PR Platform

神田外語大学・神田外語学院を擁する神田外語グループ(学校法人佐野学園/東京都千代田区/理事長:佐野元泰)は12月3日(土)、読売新聞社と共催で「第5回全国学生英語プレゼンテーションコンテスト」を開催する。このコンテストは、グローバル化が進むビジネスの現場で必要とされるコミュニケーションスキルの向上と、学生同士の真剣勝負の場の提供を目的としている。対象は大学生、大学院生、短期大学生、高等専門学校生、専門学校生。
<コンテストサイト> http://www.kandagaigo.ac.jp/contest/


 同コンテストは、グローバル化が進む日本国内外のビジネスの現場における英語を使って表現する機会の増加を鑑み、実践的に応用できるコミュニケーションスキルアップの場と学生同士の真剣勝負の場を提供することを目的としている。
 なかでも、「問題を発見し、解決策を簡潔にまとめ提案する能力の育成」や「英語を使い、相手に訴えかけ理解を得る表現力の醸成」「グローバル時代の就業能力を育成」など、学生のうちから海外に目を向け、国際的な産業競争力や国際交流を支える基幹的な「グローバルに活躍する人材の育成」を目指している。

 第5回大会は、全国(北海道から沖縄まで)の大学、大学院、短期大学、高等専門学校、専門学校、合計149校から過去最高の699名の応募があった。そのうち1次予選を勝ち抜いた325名が、12月3日(土)午前中に行われる2次予選に進出する。同日の午後には、2次予選を勝ち抜いた10組(個人の部5名、グループの部5組)が、イイノホールで開催する本選に出場する。
 プレゼンテーションテーマは、「インバウンドを地方に!体験型ツアーを提案」、「日本の防災・減災ノウハウを世界にアピール!」、「海外向けにひと工夫!製品アイデアを売り込め」から1つを選択。コンテストの実施概要は下記の通り。

◆「第5回全国学生英語プレゼンテーションコンテスト」 概要
【日 時】 12月3日(土)  午前:2次予選 午後:本選
【場 所】
・2次予選/神田外語学院(東京都千代田区内神田2-13-13)
 http://www.kandagaigo.ac.jp/kifl/access/
・本選/イイノホール(東京都千代田区内幸町2-1-1)
 https://www.iino.co.jp/hall/access/
【2次予選・本選および授賞式スケジュール】
 09:20  2次予選開始
 11:30  2次予選終了
 13:10  開会式/本選出場者発表/審査員紹介
 13:40  本選開始
 17:20  本選終了
 17:50  表彰式
 19:00  閉会
【競技概要】
●競技構成: 競技は「個人の部」と「グループの部」の2部構成とする。
●参加単位: 「個人の部」では1名、「グループの部」では2名もしくは3名を1単位とする。応募にあたってはいずれかの部を選 択すること。
●予選: 応募データをもとに1次予選を行う。大会当日は1次予選通過者を対象に2次予選を実施し、本選進出者を決定する。
●課題: 大会において定められた課題の中から一つを選択し、英語でプレゼンテーションを行う。
●使用言語: 英語(質疑応答も英語による)
●制限時間: 10分以内。質疑応答のための時間は別途5分以内とする。制限時間を超過した場合は、得点を10%減点する。 さらに1分以上超えた場合は失格とする。
●機器等の使用: 大会当日にプレゼンテーションに用いるパソコン等の機器は参加者が用意すること。ただし、パソコン画面の 投影は、会場備え付けのプロジェクタを使用し、会場にてハンドアウト等を配布することは認めない。
【プレゼンテーションテーマ】
課題: 「世界に目を向け思考する」――次の中から一つを選択し、プレゼンテーションを行う。
<テーマ>
(1)インバウンドを地方に!体験型ツアーを提案
(2)日本の防災・減災ノウハウを世界にアピール!
(3)海外向けにひと工夫!製品アイデアを売り込め
【応募資格】
 文部科学省が定める大学、大学院、短期大学、専門学校及び4 年次以上の高等専門学校に在籍するフルタイム学生。ただし英語を母国語とする学生、及び英語圏就学経験者(留学を含む)が13か月を超える学生、また日本国内にある外国人学校(インターナショナルスクール 等を含み、主に英語により授業が行われる教育施設)で就学した学生は対象外とする。
【審査員長】
 沼田 貞昭 氏/日本英語交流連盟会長、元駐カナダ・パキスタン大使
【審査員】
 ジェームズ・オリアリー氏/米国大使館領事部 副領事
 澤邊宏 氏/一般社団法人 日本旅行業協会(JATA)国際センター所長
 杉浦康之氏/三菱商事株式会社 顧問
 ウィリアム・スポサト氏/日本経済問題に関するコメンテータ、ライター
 高原正樹氏/独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)総務部次長
 ヘザー・ハワード氏/読売新聞東京本社 編集局英字新聞部 記者
 松岡由季氏/国連国際防災戦略事務局(UNISDR) UNISDR駐日事務所代表
【表 彰】
●文部科学大臣賞<最優秀賞>(個人の部、グループの部を総合して1名〈組〉)
 文部科学大臣賞状、奨学金100万円、トロフィー、ANA国際線往復航空券、AOKI商品券5万円分、読売新聞社海外支局イン ターンシップ参加権利、ジャパン・ニューズ購読(半年分)ほか
●優秀賞 (個人の部より1名、グループの部より1組)
 奨学金30万円、賞状、トロフィー、AOKI商品券5万円分、ジャパン・ニューズ購読(半年分)ほか
●インプレッシブ賞(個人の部より1名、グループの部より1組)
 奨学金20万円、賞状、トロフィー、AOKI商品券5万円分、ジャパン・ニューズ購読(半年分)ほか
●奨励賞(上記受賞者以外の本選進出者より数名〈組〉を予定)
 奨学金5万円ほか
●トップ50賞(得点上位50名〈組〉)
 TOP50 証明書ほか
●ホープ賞 (2次予選出場者全員に)
 大会参加証、観音温泉水ほか
【後 援】
 文部科学省/外務省/米国大使館/日本政府観光局/人と防災未来センター/一般社団法人国立大学協会/一般社団法人公立大学協会/日本私立大学団体連合会/公益社団法人東京都専修学校各種学校協会/一般社団法人全国外国語教育振興協会
【協 賛】
 株式会社共立メンテナンス/イオン株式会社/株式会社フジタ/三菱商事株式会社/みずほ銀行
【特別協力】 全日本空輸株式会社/株式会社AOKI/Blippar
【協 力】 観音温泉/三京エンタープライズ

▼本件に関する報道関係の方の問い合わせ先
 学校法人佐野学園 学園広報部 渡邉公代
 TEL: 03-3258-5837(平日9:00〜17:30)
 FAX: 03-5298-4123
 E-mail: media@kandagaigo.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る