• トップ
  • リリース
  • 拓殖大学が12月3日に「第7回学生チャレンジ企画」成果報告発表会を開催 -- 取り組みの成果と収穫をプレゼンテーション

プレスリリース

拓殖大学が12月3日に「第7回学生チャレンジ企画」成果報告発表会を開催 -- 取り組みの成果と収穫をプレゼンテーション

(Digital PR Platform) 2016年11月22日(火)08時05分配信 Digital PR Platform

拓殖大学は12月3日(土)に「第7回学生チャレンジ企画」成果報告発表会を開催。6月に「学生チャレンジ企画」に採択された5団体が、取り組みの成果やそれを通して得たものをプレゼンテーションし、それを基にグランプリ、準グランプリを決定する。一般の方も来場可。


 拓殖大学では、創立110周年を記念して、平成22年から「学生チャレンジ企画」を実施している。これは、大学の活性化、地域・社会貢献、国際交流などに繋がる学生の取り組みを大学がサポート・奨励する制度。

 今年で7回目を迎える「学生チャレンジ企画」は、新たな取り組みとして成果報告会を開催。各団体が実施報告書を基に、企画した内容がどのような成果を上げたのか、チームワークと収穫は得られたのかをプレゼンテーションを行い、学生チャレンジ企画実行委員会の審査によりグランプリ・準グランプリを決定する。
 成果報告会を通して、学生の“チャレンジ”を感じることができる。概要は以下の通り。

◆「第7回学生チャレンジ企画」成果報告発表会
【日 時】 12月3日(土) 10:00〜12:30
【場 所】 文京キャンパス C201教室 
【概 要】 実施報告書を基に各団体、プレゼン10分+質疑応答5分の成果報告発表。学生チャレンジ企画実行委員会の審査によりグランプリ、準グランプリを決定。
【優秀企画団体】
1.拓大つながりプロジェクト
国際交流愛好会・イベント企画愛好会
http://gakuchalle.jp/2016/gakuchalle_taku.html

2.繋がる4,330kmカンボジア読み聞かせプロジェクト
鄭偉ゼミナール
http://gakuchalle.jp/2016/gakuchalle_tei.html

3.SNSに気をつけよう〜ロール・プレイングでモラル・リテラシー
守山ゼミナール  
http://gakuchalle.jp/2016/gakuchalle_moriyama.html

4.HOW TO SURVIVE IN JAPAN
動画で伝える外国人留学生のための日本留学成功攻略ガイド
外国語学部英米語学科藤本ゼミナール
http://gakuchalle.jp/2016/gakuchalle_fujimoto.html

5.高尾599ミュージアム「自然から学ぶものづくり」
高尾599ミュージアム モノづくりイベント実行委員会
http://gakuchalle.jp/2016/gakuchalle_takao.html

◆学生チャレンジ企画について
1.趣旨
 大学の活性化、地域や社会貢献、国際交流などにつながる学生の取り組みをサポートし、奨励することを目的として、学生チャレンジ企画を実施する

2.応募資格
 本学に在籍する学生(大学院生、留学生別科生を含む)のグループであること

3.対象とする活動
 本企画の趣旨に添うことを前提とした
 1.地域貢献・社会貢献・国際交流への取り組み
 2.環境保護・ボランティア活動
 3.その他、大学活性化のための活動

4.奨励金
 1企画30万円を限度として、企画内容及び所要経費等により奨励金を授与する

5.選考方法
 学内選考: 第1次選考を書類審査、第2次選考を企画代表者によるプレゼンテーションで行う 

▼本件に関するお問い合わせ先
 拓殖大学総合企画部広報室
 TEL: 03-3947-7160
 大学URL: http://www.takushoku-u.ac.jp/
 学生チャレンジ企画URL: http://gakuchalle.jp/2016/index.html


【リリース発信元】 大学プレスセンターhttp://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る