プレスリリース

法政大学次期総長候補者に田中優子現総長を選出

(Digital PR Platform) 2016年11月18日(金)20時05分配信 Digital PR Platform

学校法人法政大学(以下、法政大学)は、本日11月18日(金)に行われた総長候補者選挙の結果、田中優子(たなか・ゆうこ)社会学部教授を総長候補者として選出した。次期総長としての選任は11月24日(木)の臨時理事会で行われる。田中総長は現職で再選。任期は、2017年4月1日から2021年3月31日まで。


【田中優子(たなか・ゆうこ)社会学部教授 略歴】
■生年月日: 1952年1月30日(64歳)
■専門分野: 日本近世文化・アジア比較文化

■学 歴:
1974年3月 法政大学文学部日本文学科卒業
1977年3月 法政大学大学院人文科学研究科日本文学専攻修士課程修了
1980年3月 法政大学大学院人文科学研究科日本文学専攻博士課程単位取得満期退学

■職  歴:
1980年4月 法政大学第一教養部専任講師
1983年4月 法政大学第一教養部助教授
1991年4月 法政大学第一教養部教授
2003年4月 法政大学社会学部教授
2012年4月 法政大学社会学部長
2014年4月 法政大学総長

■受  賞:
1986年度 芸術選奨文部大臣新人賞 (著書「江戸の想像力」に対して)
2000年度 芸術選奨文部科学大臣賞 (著書「江戸百夢」に対して)
2001年度 サントリー学芸賞(著書「江戸百夢」およびそれまでの業績に対して)
2005年度 紫綬褒章

■主な著書:
『江戸の想像力』1986筑摩書房、『江戸の音』1988河出書房新社、『近世アジア漂流』1990朝日新聞出版、『江戸はネットワーク』1993平凡社、『江戸百夢』2000朝日新聞出版、『江戸の恋』2002集英社、『樋口一葉「いやだ!」と云ふ』2004集英社、『江戸を歩く』2005集英社、『カムイ伝講義』2008小学館、『未来のための江戸学』2009小学館、『布のちから』2010朝日新聞出版、『グローバリゼーションの中の江戸』2012岩波書店、『鄙への想い』2014清流出版、『自由という広場』2016法政大学出版局

■主な社会活動:
日本私立大学連盟常務理事、大学基準協会理事、サントリー芸術財団理事、大学設置・学校法人審議会 特別委員 その他。

▼本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先
 法政大学  広報課
 担当: 吉田・栗山・二関
 TEL: 03-3264-9240

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る