• トップ
  • リリース
  • 創価大学硬式野球部の田中正義投手が福岡ソフトバンクホークス、池田隆英投手が東北楽天ゴールデンイーグルスから指名を受ける

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

創価大学硬式野球部の田中正義投手が福岡ソフトバンクホークス、池田隆英投手が東北楽天ゴールデンイーグルスから指名を受ける

(Digital PR Platform) 2016年10月22日(土)08時05分配信 Digital PR Platform

10月20日、2016年プロ野球ドラフト会議が都内で行われ、創価大学硬式野球部から田中正義投手(経営学部4年)がドラフト1位で5球団競合の末、福岡ソフトバンクホークスが交渉権を獲得。また、池田隆英投手(同4年)は東北楽天ゴールデンイーグルスから2位指名を受けた。


 両投手がプロ指名を受ける可能性があると各報道機関から報じられていたこともあり、この日、創価大学中央教育棟ディスカバリーホールをパブリックビューイング会場および記者会見場とし、参加した同大の教職員および学生ら1,300名と見守った。

 記者会見には51社、143名の報道陣が出席。指名を受けた田中選手、池田選手が田代康則理事長、岸雅司監督と記者会見に臨んだ。
 会見の席で岸監督は「この1年間、皆様に注目される中で、2人とも大きく成長することができました。指名された球団の期待に応えられるよう、力を発揮してもらいたいと思います」とコメント。
 田代理事長は「この両名で、本学からプロ野球界へ進出する卒業生は18名になります。さまざまな分野で卒業生が活躍することほど、大学として嬉しいことはありません。これもご支援いただく皆様のお陰です。心から感謝いたします」と述べた。

 指名を受けた両投手は次のようにコメントした。

●田中正義投手
 「福岡ソフトバンクホークスに決まり嬉しく思います。監督の期待に応え、チームの勝利に貢献できるよう、努力を重ねていきたいと思います。また、パ・リーグは良いバッターが多い印象があります。それを上回る投球ができるよう力をつけていきます。田中正義が先発だから球場に行こうと言われるようなピッチャーになりたいです」

●池田隆英投手
 「高校時代から共に戦ってきた田中投手と一緒に指名を受け、大変嬉しく思います。同じパ・リーグの舞台で戦えるので、努力を続けて田中投手を越えたいと思います。家族をはじめ周りの支えがあって怪我等を乗り越えて、この日を迎えることができました。創価大学野球部で培ったことを胸に、プロでの野球人生を力強く歩んでまいります」

▼本件に関する問い合わせ先
 創価大学 企画室企画広報課
 TEL: 042-691-9442
 E-mail: publicrelation@soka.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る