プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

文化学園大学がベルギー2大ファッションスクールと提携

(Digital PR Platform) 2016年10月17日(月)08時05分配信 Digital PR Platform

文化学園大学(東京都・学長 大沼淳)とベルギーのラ・カンブル国立高等視覚芸術学校(以下、ラ・カンブル)及びアントワープ王立美術アカデミー(以下、アントワープ)間において、10月11日に交流・提携に関する覚書の署名式が行われた。


 ラ・カンブルとアントワープは、それぞれベルギーのフランス語圏、オランダ語圏を代表するファッションの学校。この提携は、日本とベルギーの友好150周年の文化交流の一環としてベルギー国王、王妃の訪日を契機として実現し、式には訪日中のベルギー王妃が臨席された。

 署名式に先立ち、アントワープの修了コレクションで審査員を務め、ベルギーファッションに精通するユナイテッドアローズ上級顧問の栗野宏文氏、文化学園大学の高木陽子教授らによる日本とベルギーファッションの交流の歴史に関するレクチャーと、ベルギーを拠点とする若手デザイナー3人による現在のベルギーファッションに関するディスカッションが行われた。また、会場には今年3月のブリュッセルのテロを受けて、ラ・カンブルとアントワープの修了生が「Stop Terrorizing Our World」の共通テーマのもとに制作した作品10体が展示された。

 この署名式に参加したベルギーの両校代表は13日に文化学園を訪問し、本学及び学園の視察と今後の取り組みに関する意見交換を行った。

▼リリースに関する問い合わせ先
 文化学園大学入試広報課 酒井
 〒151- 8523 渋谷区代々木3-22-1 
 TEL: 03-3299-2311
 FAX: 03-3299-2637

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る