• トップ
  • リリース
  • リクルート、自律走行型配達サービスロボットのSavioke, Inc.への出資を実施

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社リクルートホールディングス

リクルート、自律走行型配達サービスロボットのSavioke, Inc.への出資を実施

(Digital PR Platform) 2016年10月17日(月)11時00分配信 Digital PR Platform

株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄、以下リクルート)は、投資子会社である合同会社RSPファンド6号を通じ、自律走行型配達ロボットを提供するSavioke, Inc.(本社: 米国、カリフォルニア CEO: Steve Cousins、以下Savioke)への出資を実施いたしましたので、下記の通りご報告致します。
――――――――――――――――――――
1、本件の目的と背景
――――――――――――――――――――
 昨今、ロボットや人工知能技術の大幅な進展によりさまざまな領域でロボットによる業務サポートや、それによる更なる業界の進化等が期待されています。Savioke(サビオーク)は、現在は人によって行なわれている業務のうち、手間のかかる作業や単純作業などを代替する自律走行型配達ロボット『Relay』を開発・提供しています。同社のサービスは現在ホテルを中心に導入されており、トイレ用品やリネン、食事などを『Relay』が代わって運ぶことで、ホテルスタッフが本来注力すべき顧客満足のために時間を使えることを可能にしています。リクルートは今回の出資を通じて、今後普及が予想される同サービスの拡大に同社と取り組んでいく予定です。
――――――――――――――――――――
2、Savioke, Inc.の概要
――――――――――――――――――――
 Savioke社は人々の生活をよりよくすることを目的とした人から人へ物を運ぶ配達ロボットの開発・導入の世界的リーダー企業です。自律走行型配達ロボット『Relay』は、ホテルにおける配達業務だけでなく、接待、オフィス、ヘルスケア、物流などさまざまな領域における生産性や売上の向上に寄与する可能性を持つ製品です。衝突検知や障害物回避、エレベーターの自動操作などの機能を持つ優れた安全設計により、入り組んだ複数階の建物でも配達が可能です。また、ソフトウェア・ハードウェアともに内製しているため、安価なコストを実現しています。これまでにすでに米国を中心に5万5000回以上の配達実績があり、40社以上に導入されています。

・商号:Savioke, Inc.
・代表者:Steve Cousins
・所在地:125 South Market St. Suite 700 San Jose CA, 95113
・設立年月日:2013年9月
・主な事業内容:自律走行型配達サービスロポットを提供
・Webサイト:http://www.savioke.com/

――――――――――――――――――――
■合同会社RSPファンド6号の概要
――――――――――――――――――――
・商号:合同会社RSPファンド6号
・代表者:西条祐介
・所在地:東京都中央区銀座8-4-17
・設立年月日:2014年11月12日
・主な事業内容:投資育成事業・ベンチャーキャピタル事業
・運営会社:株式会社リクルートストラテジックパートナーズ
http://recruitstrategicpartners.com/about-us.php



関連リンク
Savioke, Inc.
http://www.savioke.com/
株式会社リクルートストラテジックパートナーズ
http://recruitstrategicpartners.com/about-us.php
株式会社リクルートホールディングス
http://www.recruit.co.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る