• トップ
  • リリース
  • 佛教大学歴史学部の学生が今宮神社の石造物を調査し、報告書を作成

プレスリリース

  • 記事画像1

佛教大学歴史学部の学生が今宮神社の石造物を調査し、報告書を作成

(Digital PR Platform) 2016年10月12日(水)08時05分配信 Digital PR Platform

佛教大学歴史学部では「地誌学文献研究」の受講生16名(歴史文化学科2、4回生)が今宮神社(京都市北区)の石造物を調査し、結果を『今宮神社石造物調査報告』(A4判42頁)にまとめた。


 学生たちは、石碑、灯籠、鳥居、狛犬、鯰レリーフなど116件を確認。
 その特徴と年代、碑文内容を明らかにし、今宮神社境内や参道の変遷についても報告している。
 この報告書は、今宮神社社務所にて希望者に無料で配布中(数に限りあり)。

▼報道機関からのお問い合わせ先
 佛教大学 広報課 (担当:米林・桝井・武田・有田)
 〒603-8301 京都市北区紫野北花ノ坊町96
 TEL (075)493-9050(直通)・(075)491-2141(代)
 FAX (075)493-9040 

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る