• トップ
  • リリース
  • 帝京大学八王子キャンパスに外国語学習ラウンジ「Teikyo Language Commons」がオープン

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

帝京大学八王子キャンパスに外国語学習ラウンジ「Teikyo Language Commons」がオープン

(Digital PR Platform) 2016年10月05日(水)08時05分配信 Digital PR Platform

帝京大学八王子キャンパス(東京都八王子市)は9月12日(月)に、外国語学習ラウンジ「Teikyo Language Commons(TeLaCo:テラコ)」をオープンした。これは、これまでの語学関連の学生サポート機能を一か所に集約した八王子キャンパス全体の外国語学習支援スペースであり、キャンパスのグローバル化の象徴となるスペースとして、全学部の外国語学習全般を多方面からサポートする。オープン後は趣味や教養に関するイベントや、ネイティブ講師と会話を楽しむイベントなどを開催予定。


 2016年9月12日(月)に帝京大学八王子キャンパスにオープンした外国語学習ラウンジ「Teikyo Language Commons(TeLaCo:テラコ)」では、語学関連の学習環境と情報提供の機能を備え、大学教員の協力と参加を促しながら、新しい視点・面白い発想のコンテンツを追加し、八王子キャンパス全体の外国語学習支援スペースを創る。
 おしゃれで居心地の良い雰囲気の中、語学力の向上に必要な「個の集中」「グループでの学び」「ニーズが合致する人との出会い」のいずれの必要も満たすことができ、気づきやきっかけ・相談・指導・情報・リソースの提供が受けられる、知的に面白く、語学学習を楽しめるスペースを運営(教員・オフィススタッフ)と学生の双方から創造する。

 語学学習のうち、インプットに当たる部分の文法学習やリーディングなど「静」の動作と、リピーティング、シャドウィング、暗唱、スピーキングなど「音」の動作がお互い干渉しない距離、あるいは造りになっていることも重要である。
 そのため、個人で集中して学習できるスペースと、交流を図るスペースをバランスよく配置。また、利用者の割合により配置替えが容易にできるようになっており、配置転換だけで個人学習にもグループ学習にも対応可能な柔軟性のある什器とレイアウトになっている。

 また、食に関連したイベントは学生にも人気があり、参加しやすく、印象にも残りやすいため、ある程度本格的な料理ができるキッチンを設置。クリスマス、ハロウィン、イースターなど、季節ごとに飲食付きのパーティーを催すことで、食文化を通じて留学生と日本人学生との交流を深めていく。

 おしゃれで居心地の良い空間と機能性をできうる限り追求し、学生に「ここで時間を過ごしたい」と思わせる施設運営をめざす。

▼本件に関する問い合わせ先
 帝京大学八王子キャンパス広報グループ
 TEL: 042-678-3311
 E-mail: h_koho@teikyo-u.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る