• トップ
  • リリース
  • サッカーJリーグ「ガンバ大阪」前社長の野呂輝久氏が大阪国際大学・短期大学部の客員教授に就任

プレスリリース

  • 記事画像1

サッカーJリーグ「ガンバ大阪」前社長の野呂輝久氏が大阪国際大学・短期大学部の客員教授に就任

(Digital PR Platform) 2016年09月28日(水)08時05分配信 Digital PR Platform

「ガンバ大阪」の社長を4月に退任した野呂輝久氏が10月1日付で大阪国際大学・短期大学部の客員教授に就任することになった。野呂氏は1977年に松下電器産業(現パナソニック)に入り、広報部長やシステム・設備事業推進本部長などを歴任。2012年から「ガンバ大阪」へ移り、スタジアム建設本部長、副社長を務めた後、2013年から社長として「ガンバ大阪」のかじ取りをしていた。35年に渡るキャリアを生かし、学生への特別講義や産学連携事業に関わっていく予定。


 大阪国際大学・短期大学部を抱える大阪国際学園は2014年に、「アジア戦略」を掲げる「ガンバ大阪」とパートナーシップ協定を締結。互いに地域社会の発展と人材育成をめざして、大阪府の北摂・北河内地域で青少年育成やスポーツ振興、健康増進に取り組んでいる。

▼本件に関する問い合わせ先
 大阪国際学園企画・広報課
 TEL: 06-6907-4325

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る