• トップ
  • リリース
  • 京都橘大学が那智勝浦町連携協定締結記念 熊野学講座「古からの絆 京の都から熊野へ」を京都で開催

プレスリリース

京都橘大学が那智勝浦町連携協定締結記念 熊野学講座「古からの絆 京の都から熊野へ」を京都で開催

(Digital PR Platform) 2016年08月09日(火)08時05分配信 Digital PR Platform

京都橘大学(京都市山科区、学長・細川涼一)では、京都橘大学/那智勝浦町連携協定締結記念として熊野学講座「古からの絆 京の都から熊野へ」を開催する。


 古より京の都から熊野をめざし、多くの人々が熊野詣を行った。江戸時代には、その熊野詣に庶民も加わり、いわゆる「蟻の熊野詣」と呼ばれたほどであった。このように、古より京の都と熊野は深い絆がある。
 本講座では、細川涼一学長をはじめ、西国三十三カ所巡礼第1番札所「青岸渡寺」の副住職ら4人が、熊野の歴史や熊野と京都の関係などについて講演し、また、曼荼羅絵解きの実演もまじえて、熊野の魅力を伝える。参加者にとって、その魅力や歴史を再認識し、熊野の地を訪れるきっかけになればと願っている。

※京都橘大学/那智勝浦町連携協定について
 和歌山県が実施している「大学のふるさと」制度の趣旨に京都橘大学と那智勝浦町が賛同し、那智勝浦町の地域資源再評価、観光広報、教育研究連携を行うことを目的に2016年6月に締結された。今回の熊野学講座共催のほか、同大学生による現地フィールドワークに基づく地域課題の提案、大学授業との連携、観光PRサポートなどさまざまな活動を行う予定。

■京都橘大学/那智勝浦町 連携協定締結記念
熊野学講座「古からの絆 京の都から熊野へ」について
【主 催】 京都橘大学/那智勝浦町観光協会
【日 時】 9月18日(日)14:00〜16:20 
【会 場】 キャンパスプラザ京都 5階 第1講義室
【次 第】
 「熊野詣について」  講演:高木 亮英(那智山青岸渡寺副住職)
 「那智参詣曼荼羅絵解き」 実演:生熊 みどり(熊野・那智ガイドの会)
 「平安衣装で歩く大門坂」 講演:宮本 照代(大門坂茶屋終身名誉女将)
 「中世の熊野那智と京都―熊野詣と補陀洛渡海を中心に―」
               講演:細川 涼一(京都橘大学学長)
【定 員】 250名(先着順:申込受付中) 
【受講料】 無料

【講座についてのお問い合わせ・お申し込み先】
 那智勝浦町観光協会
 TEL: 0735-52-5311
 FAX: 0735-52-0131
  E-mail: nachikan@mb.aikis.or.jp

※当日ご取材いただける場合は、恐れ入りますが、下記までご一報いただきますようお願い申しあげます。

▼報道に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
 京都橘大学 企画広報課
 〒607-8175 京都市山科区大宅山田町34
 TEL: 075-574-4112(直通)
 FAX: 075-574-4151

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る