• トップ
  • リリース
  • 大阪電気通信大学が8月5〜9日にグランフロント大阪で「デジタルホラーハウス2016」を開催 -- 先端的なデジタル技術で座ったままの恐怖体験

プレスリリース

  • 記事画像1

大阪電気通信大学

大阪電気通信大学が8月5〜9日にグランフロント大阪で「デジタルホラーハウス2016」を開催 -- 先端的なデジタル技術で座ったままの恐怖体験

(Digital PR Platform) 2016年08月02日(火)08時05分配信 Digital PR Platform

大阪電気通信大学(大阪府寝屋川市)は、8月5日(金)〜9日(火)まで「デジタルホラーハウス」をグランフロント大阪で開催する。これは、先端的なさまざまなテクノロジーを駆使することによって、「人が脅かすのと同じくらい」の怖さを体感できるというもの。ヴァーチャル映像とサラウンド音響により、まるで自分がそこにいるかのような臨場感を味わうことができる。入場無料、事前予約不要(待ち時間が発生する場合があります)。


 総合情報学部デジタルゲーム学科魚井研究室(魚井宏高教授)は「なぜ日本のお化け屋敷はこんなにも怖いのか?」という疑問を追求した結果、それは「人が脅かすから」という答えにたどり着いた。では「人がいないお化け屋敷を怖くできないのか?」を考察。その答えを得るべく始まった取り組みが「恐怖を与える技術の自動化」研究である。「デジタルホラーハウス」は、この研究成果の実演かつ実験場として、2014年からスタート。毎年盛況を博している。

 この「デジタルホラーハウス」は、歩いて進む一般的なお化け屋敷の形態とは違い、部屋に入って恐怖を体験する滞在型タイプ。首を動かすことで空間を360度見渡せるOculus Rift(VRゴーグル)を用いたヴァーチャル映像と、ヘッドフォンによる7.1chサラウンド音響により、まるで自分がそこにいるかのような臨場感を味わうことができる。部屋に入ってスタッフ(学生)が一度扉を閉めたら、終了までの約3分間は完全自動進行する仕組み。

 今年は原点に立ち返り、ストーリーや仕掛けを一新。さらなる恐怖体験を楽しむことができる。概要は下記の通り。

◆「デジタルホラーハウス2016」開催概要
【名 称】 「デジタルホラーハウス2016 〜またはテクノロジーと恐怖の二つ輪〜」
【会 場】
 グランフロント大阪北館 ナレッジキャピタル ザ・ラボ2F アクティブスタジオ
 (大阪府大阪市北区大深町3-1)
【アクセス】
・JR「大阪」駅 徒歩 3分
・地下鉄御堂筋線「梅田」駅 徒歩3分
・阪急「梅田」駅 徒歩3分
・阪神「梅田」駅 徒歩5分
【日 時】 8月5日(金)〜9日(火) 11:00〜19:00(最終日は16:00まで)
【主 催】 VisLab OSAKA/大阪電気通信大学
【共 催】
 デジタルホラーハウス実行委員会(魚井宏高・大阪電気通信大学総合情報学部デジタルゲーム学科 魚井研究室)
【協 力】 一般社団法人ナレッジキャピタル
【対 象】 子供(中学生以上)から大人まで
【入場料】 無料
※体験は各回1名様ずつ先着順の入場です。
(待ち時間が発生する場合があります)

●グランフロント大阪ナレッジキャピタルHP
 http://kc-i.jp/

●大阪電気通信大学HP
 http://www.osakac.ac.jp/

▼本件に関する問い合わせ先
 学校法人 大阪電気通信大学 広報部広報課
 大阪府寝屋川市初町18番8号
 TEL: 072-824-3325
 E-mail: kouhou@mc2.osakac.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る