• トップ
  • リリース
  • 全国外大連合が2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック・パラリンピック組織委員会と協定を締結 -- 日本から唯一の通訳ボランティア団体として協力

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

全国外大連合が2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック・パラリンピック組織委員会と協定を締結 -- 日本から唯一の通訳ボランティア団体として協力

(Digital PR Platform) 2016年07月19日(火)08時05分配信 Digital PR Platform

国内にある7つの全外国語大学で構成される、全国外大連合(関西外国語大学、神田外語大学、京都外国語大学、神戸市外国語大学、東京外国語大学、長崎外国語大学、名古屋外国語大学)はこのたび、日本から唯一のボランティア団体として、2018平昌冬季オリンピック・パラリンピック組織委員会(韓国・平昌/委員長:イ・ヒボム)と協定を締結した。これは、平昌冬季オリンピックに向けて、通訳ボランティアの育成や派遣等のさらなる相互協力を目的としたもの。同組織委員会は7月1日からボランティア人材の公募を開始している。


 2018平昌冬季オリンピック・パラリンピック組織委員会は、外国語ボランティア団体のほか、学校、企業、自治体等さまざまな機関と、ボランティア教育支援やメディア報道などを通じた広報支援の分野等に関する協定を締結。2018年冬季大会の成功を目指して協力を開始した。

 6月30日に行われた調印式では、全国外大連合の代表として、神田外語大学(千葉市美浜区/学長:酒井邦弥)の金口恭久副学長が登壇。日本から唯一の外国語ボランティア団体として、協定を締結した。

 同大で今年9月に行われる「第3回全国外大連携プログラム通訳ボランティアセミナー」では、同組織委員会の副事務総長が特別講演をする予定。本協定の具体的な内容に関しては、組織委員会と連携をしながら決めていく。
 また、2017年2月には、組織委員会が主催する2018年冬季大会に向けたボランティア人材育成の為の事前研修会が行われ、日本からは、全国外大連合の学生たちが参加。競技会場の視察や業務内容のレクチャーを受ける予定。

◆全国外大連合について
 「全国外大連合」は、世界諸地域の言語と文化・社会に関する専門学術を教授研究し、国際社会の一員として世界に貢献しうる人材を育成することを共通の基本理念として2014年6月26日に結成された。
 外大連合憲章の理念を具現化する活動の一つとして2015年2月27日には「全国外大連合通訳ボランティア支援事務局」を発足し、取り組みの第一弾として、2015年8月24〜27日に7外大合同で初となる「第1回通訳ボランティア育成セミナー」を開催。翌2016年2月9〜12日には第2回目の同セミナーを開催した。
 2018平昌冬季オリンピック・パラリンピック競技大会や2019年ラグビーワールドカップにとどまらず、今後開催が予定される世界競技大会や各種国際会議など、全外大で27の専攻言語を有する外国語大学ならではの強みを活かし、日本国内におけるボランティアリーダーの育成に向けた活動を推進している。
 この活動は世界共通語の英語のみならず、世界諸地域で話されているさまざまな言語を文化・社会とともに理解した「多言語グローバル人材」を輩出していくことを目的としている。4日間のセミナーを修了した学生は、「全国外大連合通訳ボランティア人材バンク」に登録することができ、その後、同事務局が紹介する各種スポーツ大会や国際イベントでの通訳ボランティア活動に参加していく。

◆全国外大連合と平昌2018冬季オリンピック・パラリンピック協定調印式 概要
【日 時】6 月 30 日(金)10:00〜11:20
【場 所】
 プレスセンター国際会議場(韓国・ソウル市中区太平路1街)
【協定内容】
(1)ボランティア活動を通じた韓国と日本との友好増進に関して
(2)全国外大連合とのボランティア協力に関して
(3)ボランティア選考及び教育、配置等協力に関して
(4)メディア報道及びマスコミ等を通じた広報支援に関して
(5)その他、両機関が必要と認める事項に関して

【参加団体】
(2018平昌冬季オリンピック・パラリンピック組織委員会)
 イ・ヒボム委員長、ヨ・ヒョング事務総長、キム・ジョヨル国際副委員長、ムン・ヨンフン総務人事局長、チャ・ホジュンボランティア部長、パク・ヒョンボンボランティアチーム長
(政府省庁)
 行政部長官、地方行政政策官、文体部体育協力官
(自治体)
 カンウォンド行政副知事、カンルン市長、ピョンチャン・ジョンソン郡首、チェチョン市長
(ボランティアセンター)
 センター協会会長、市道・市郡区ボランティアセンター長
(学校)
 カンウォン大学、ハンチェ大学総長、カンウォン外国語高校・民族史観高校の校長
(企業・メディア)
 KT、サムスン電子、LG、ノースフェイス社長、国内の主要な報道機関報道陣
(外国語ボランティア団体)
 全国外大連合、ソウル国際女性協会会長、BBBコリア会長

【参考】
・PyeongChang2018 Volunteer Recruitment
 http://www.pyeongchang2018.com/horizon/eng/index.asp
・全国7外大連合憲章調印式
 http://www.kandagaigo.ac.jp/group_news/detail/0101_0000002028.html
・全国外大連携プログラム 通訳ボランティア育成セミナー
 http://www.kandagaigo.ac.jp/group_news/detail/0101_0000003475.html

※本リリースは文部科学記者会、日本体育協会東京運動記者クラブ、PR Wire、千葉県政記者クラブ、千葉市政記者会にも配信されております。

▼本件に関する報道関係の方の問い合わせ先
 学校法人佐野学園 学園広報部 担当:関根勇人
 TEL: 03-3258-5837(平日9:30〜17:30)
 FAX: 03-5298-4123 
 MAIL: media@kandagaigo.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る