• トップ
  • リリース
  • リクルート、UX実務者のための大型無料イベントを開催!〜「゛RIDE゛ UX Sketch 2016 SUMMER」リアルな現場のUXがビジネスに必要だ!〜

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社リクルートホールディングス

リクルート、UX実務者のための大型無料イベントを開催!〜「゛RIDE゛ UX Sketch 2016 SUMMER」リアルな現場のUXがビジネスに必要だ!〜

(Digital PR Platform) 2016年07月08日(金)11時00分配信 Digital PR Platform

株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄 以下、リクルート)の事業育成機関である「Media Technology Lab.」(以下、MTL)は、ユーザーエクスペリエンス(以下、UX)実務者を対象とした無料イベント「゛RIDE゛ UX Sketch 2016 SUMMER」を開催することになりましたので、ご報告させていただきます。

――――――――――――――――――――
■本件の趣旨
――――――――――――――――――――
UXが事業開発において担う役割は急速に拡大し、今や必要不可欠な存在となりました。UXを体系的に学ぶ機会も増え、UXを実践する人は今も増え続けています。MTLでも、1年程前から外部の方向けUXの勉強会「UX Sketch」を毎月開催しています。参加者の方から非常に多く寄せられる「実践段階での現場の肌感のある情報・体験談をもっと聞きたい!」という声にお応えするべく、今回「UX Sketch」1周年を記念した無料イベントを開催する運びとなりました。
本イベントでは、UXを、単なる「良い体験」としてのUXに留めるのではなく、ステークホルダーが抱える問題や課題に向き合い続け、本質的に価値のあるプロダクトやシステムの構築・提供につなげるUXであると定義した上で、それを実際に事業として運営していくところまでをテーマとして扱います。UX実務者によるUX実務者のための価値あるイベントにするべく、上記を実現していくにあたっての課題や失敗例、そして、それらをどう咀嚼し、どう乗り越え、どのような結果につながったのか等、泥臭いぐらいの「リアルで等身大の現場から得られた真の知見」を共有する場とすることを目指します。

――――――――――――――――――――
■イベント概要
――――――――――――――――――――
・イベントURL: http://ux-sketch.com/RIDE2016summer/
・開催日時:2016年8月6日(土)10:30〜18:30、懇親会 18:30〜20:00
・開催場所:イトーキ東京イノベーションセンター SYNQA
・参加費用:無料
・参加方法:以下ページより会員登録の上、イベントページよりお申し込みください。
1.「UX Sketch」ページ( http://mtl.connpass.com/ )にアクセス
2.「メンバーになる」ボタンを押す
※当日は入退場自由。混雑具合によって入場制限を行う場合がありますがご了承ください。
・当日プログラム(一部):
-「Tide of Service Design〜サービスデザインの源流と潮流〜」
 登壇者:坂田一倫(リクルートテクノロジーズ UXデザイナー、Medium Japan 代表)

-「概念のUXデザインを現実に変えるには何が必要なのか」
 登壇者:坪田朋(BCG Digital Ventures Experience Designer Director)

-「UXデザインで勘違いしていたこと」
 登壇者:伊藤えりか(Pivotal Labsプロダクトデザイナー、Medium Japan翻訳メンバー)

-「受託型UXデザインの分解と構築」
 登壇者:鈴木智大(STANDARD inc. UXデザイナー)

-「1人で頑張る必要ないよ」
 登壇者:田屋和美(User Experience Designer)

その他の登壇予定者(順不同)
石川善樹(予防医学研究者、Campus for H 共同創業者)/大宮英紀(リクルートライフスタイル 執行役員)ほか

――――――――――――――――――――
<参考>MTLのUX・イノベーション分野における支援活動
――――――――――――――――――――

■月次勉強会「UX Sketch」の開催( http://mtl.connpass.com/

どなたでも参加できる無料のUXの勉強会。
UXを単なる「良い体験」に留めず、ステークホルダー全員にとって本質的に良いプロダクトやシステムを構築することとした上で、それを事業継続に結びつけていくために必要な知識を学ぶための場として運営しています。


■ビジネスとデザインからイノベーションを考察するメディア「L'OREM [ローレム]」の運営( http://l-orem.com/

新規事業やスタートアップを成長させるために交わされている、海外での貴重な議論を、日本のイノベーター向けに翻訳し配信。


――――――――――――――――――――
■「Media Technology Lab.」とは
――――――――――――――――――――
「Media Technology Lab.」は、社内の新規事業提案制度「Recruit Ventures」の運営を行い、通過プロダクトの事業育成を行う機関です。今期よりステージゲート方式によるベンチャーキャピタルを模した社内事業投資マネジメントを実施し、社内外のメンター陣や「Recruit Ventures college」など、新規事業創出と事業化推進のためのバックアップ体制を備えています。

▼Media Technology Lab.
http://mtl.recruit.co.jp/

▼リクルートグループについて
http://www.recruit.co.jp/

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問合せ先】
https://www.recruit.jp/support/form/
――――――――――――――――――――


関連リンク
株式会社リクルートホールディングス
http://www.recruit.co.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る