• トップ
  • リリース
  • 京都外国語大学が「第15回ラテンアメリカ教養講座」を開催 -- オリンピックがより面白くなる、ラテンアメリカのスポーツ文化をひも解く教養講座

プレスリリース

京都外国語大学が「第15回ラテンアメリカ教養講座」を開催 -- オリンピックがより面白くなる、ラテンアメリカのスポーツ文化をひも解く教養講座

(Digital PR Platform) 2016年06月08日(水)08時05分配信 Digital PR Platform

京都外国語大学ラテンアメリカ研究所は、6月1日(水)〜6月29日(水)の毎週水曜日、「第15回ラテンアメリカ教養講座 Citius!より速くAltius!より高くFortius!より強く」を開催している。今年はブラジルで南米初のオリンピックが開催されることから、ラテンアメリカの多様なスポーツ文化を特集。リオデジャネイロオリンピックへの期待、ブラジル・サッカーの歴史、メキシコ・中米カリブ野球事情、ラテンアメリカにおけるバレーボールの普及と発展、古代アメリカ文明における競技などについて知ることができる。申し込み不要、入場無料。



 京都外国語大学ラテンアメリカ研究所主催の「ラテンアメリカ教養講座」は、ラテンアメリカの総合的理解を目指し、2002年度から毎年開催。言語、文化、歴史、社会、政治、経済、自然などの諸分野にわたる学際的な研究の一環として、ラテンアメリカにおける言語、文化、歴史、現地事情についての講座や講演会を実施している。

 今年は南米初のオリンピックが開催されることから、「スポーツ」をテーマに講座を展開。オリンピックに注目してスポーツ全体を鳥瞰し、ラテンアメリカのさまざまなスポーツ文化を学ぶ。
ブラジルの民主主義の枠組みを整えた1988年憲法は、第8編第3章第3節でスポーツを取り上げ、「各人の権利として、公式および非公式のスポーツの実行を振興することは、国家の義務である」としている。21世紀には中道左派の労働者党政権が誕生し、この政権下で南米初のオリンピックが開催される。

 6月1日にあった第1回目の講座「南米初のオリンピック、リオ五輪への期待」では、住田育法教授がブラジルの教育・貧困・政治問題など幅広く紹介。「五輪後、スタジアム等の施設は教育目的で再活用予定。オリンピックを負債ではなく市民の文化資産とする政策が進行中」と説明し、「治安情勢や感染症問題も注視しながら、南米初の五輪を見守りたい」と語った。2回目以降の詳細は以下の通り。

◆第15回ラテンアメリカ教養講座「Citius!より速くAltius!より高くFortius!より強く」
【日 時】 6月1日(水)〜6月29日(水) 毎週水曜日(全5回)18:15〜19:30
【会 場】 京都外国語大学 国際交流会館4階 会議室
【主 催】 京都外国語大学ラテンアメリカ研究所
【後 援】 京都ラテンアメリカ文化協会
【その他】 申し込み不要、入場無料、一般来聴歓迎

○6月8日(水)
「ブラジル・サッカーの歴史」 山本英作(高知学園短期大学)
 19世紀末にサッカーを受容したブラジルが、世界のサッカーに影響を及ぼすサッカー大国になるまでの歴史を概観します。ブラジルで人々は自国サッカーにどのようなイメージや思いを抱いてきたのでしょう。伝統的なプレースタイルや競技観の形成過程に注目して紹介します。

○6月15日(水)
「サッカーより『ベイスボル』−メキシコ・中米カリブ野球事情−」 辻豊治(京都外国語大学ラテンアメリカ研究所)
 ラテンアメリカはサッカー王国(共和国)として知られていますが、メキシコ、中米、カリブ地域(ベネズエラを含む)では、米国の覇権拡大に伴い野球が国民的スポーツとして普及していきました。今年の選手名鑑ではメジャーリーガーの26パーセントがラテンアメリカ出身プレーヤーで占められています。本講座ではラテンアメリカにおける野球事情を紹介します。

○6月22日(水)
「ラテンアメリカにおけるバレーボールの普及と発展」 中嶋大輔(京都外国語大学)
 本年8月に開催されるリオデジャネイロオリンピックは、南アメリカ大陸で初めて開かれる夏季オリンピックになります。本講座では、ラテンアメリカにおけるスポーツ、特にバレーボールの普及と発展を概観し、リオ五輪の今日的意義を探ってみたいと思います。

○6月29日(水)
「古代アメリカ文明における競技」 立岩礼子(京都外国語大学ラテンアメリカ研究所)
 サッカーは、19世紀後半にイギリスがアルゼンチンに伝えたのが最初と言われています。では、それ以前の時代には、ラテンアメリカではどのようなスポーツが行われていたのでしょうか。ヨーロッパから近代スポーツが持ち込まれる以前の時代に目を向けてみましょう。古代文明におけるボール競技(Juego de pelota)について紹介します。

▼本件に関する問い合わせ先
 京都外国語大学ラテンアメリカ研究所
 TEL: 075-312-3388
 FAX: 075-322-6237
 e-mail: ielak@kufs.ac.jp
 http://www.kufs.ac.jp/ielak/


【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る