• トップ
  • リリース
  • 追手門学院大学が新キャンパス用地を取得 -- 中高が全面移転。大幅にキャンパスを拡充し、北摂に一大文教地域を創造

プレスリリース

追手門学院大学が新キャンパス用地を取得 -- 中高が全面移転。大幅にキャンパスを拡充し、北摂に一大文教地域を創造

(Digital PR Platform) 2016年05月14日(土)08時05分配信 Digital PR Platform

学校法人追手門学院(大阪府茨木市:理事長 川原俊明)は、株式会社東芝が東芝大阪工場跡地(大阪府茨木市)において進めている「茨木スマートコミュニティプロジェクト」に参画。跡地を新キャンパス予定地として取得することを前提に、4月27日に東芝側と合意書を締結した。また、キャンパス拡充に伴い、追手門学院中・高等学校の全機能を移転する。今後の計画は、5月29日(日)に開催する追手門学院大学創立50周年記念式典において発表する。


 追手門学院は大阪府下で約130年間教育に取り組んできた伝統ある学校法人であり、今年は茨木市に大学を開設してちょうど50年の節目にあたる。この間、茨木市を含む北摂地域および大阪市内の文化・地域づくりに関する研究を積み重ねてきた。
 このたび、株式会社東芝が茨木市の東芝大阪工場跡地で進める「茨木スマートコミュニティプロジェクト」に参画することになり、同跡地を新キャンパス予定地として取得することで合意書を締結した。

 新キャンパス予定地は2018年春開業予定の(仮称)JR総持寺駅から徒歩圏内にあり、同学院の大学および中・高等学校のある現キャンパスからも2kmほどの距離。これを活かして2つのキャンパスを連携させ、新たな教育を展開する。利便性ある立地を生かしてスマートコミュニティの外からも人を呼び込み、多様性のある教育・研究の実践の場としての地域創造にも取り組む。新キャンパスを契機に、国際社会と地域に開かれた新たな文教地区の創造に寄与したいと考えている。

 新キャンパスの現段階における計画は、5月29日(日)に開催する追手門学院大学創立50周年記念式典において発表する。

※報道関係の皆様におかれましては、ぜひ記念式典にもご出席いただき、取材くださいますようよろしくお願いいたします。

◆新キャンパス予定地の概要
【住 所】 大阪府茨木市太田東芝町1−6
【面 積】 64,400平方メートル
【活用予定】 追手門学院大学の2キャンパス化による機能拡充、追手門学院中・高等学校の全機能の移転
【開学目標】 2019年4月開学を目標

◆追手門学院大学 創立50周年記念式典
【日 時】 5月29日(日)13:30〜15:30
【会 場】 グランフロント大阪北館地下2階 コングレコンベンションセンター
【主なプログラム】
茨木市長挨拶、 名誉フェロー称号授与(宮本輝氏・藤尾政弘氏)
大学50周年記念 宮本輝氏スピーチ
将来構想・新キャンパスコンセプト発表

▼本件に関する問い合わせ先
 追手門学院 広報課 足立・塩田
 TEL:072-641-9590

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る