• トップ
  • リリース
  • 東京理科大学経営学部の新校舎が神楽坂キャンパスに完成 -- 学科再編と併せ、都心の「富士見校舎」で新たなスタート

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

東京理科大学経営学部の新校舎が神楽坂キャンパスに完成 -- 学科再編と併せ、都心の「富士見校舎」で新たなスタート

(Digital PR Platform) 2016年03月30日(水)08時05分配信 Digital PR Platform

平成28年度より、「経営学科」と「ビジネスエコノミクス学科」の2学科体制に再編する東京理科大学経営学部の新校舎がこのたび完成。これまでの久喜キャンパス(埼玉県久喜市)から、主要タウンへのアクセスに優れた都心の神楽坂キャンパス富士見校舎に移転し、新たなスタートを切る。


 東京理科大学経営学部は1993(平成5)年、久喜キャンパスに開設。理工系総合大学である同大が持つ知識の体系をその延長線上で生かしながら、理学と工学の知識に基づき、数量的・実証的アプローチを積極的に活用して、文系・理系の枠組みを越えた新しい視点から経営の理論と技法を研究し、教育している。
 こうした中、今春からは「経営を科学する」という理念のもと、新たに「構想力」育成を目標に掲げる経営学科と、「分析力」育成を目標に掲げるビジネスエコノミクス学科の2学科体制に再編。管理手法の知識を習得するだけでなく、経営の深奥を深めて応用能力を高め、合理的な判断ができる有為な人材の育成を目指す。

 これに伴い、キャンパスも現行の久喜キャンパスから、今春新たに竣工される神楽坂キャンパス富士見校舎に移転。全学生が新校地で新たなスタートを切ることとなった。
 主要タウンへのアクセスがよくなることで、変化の著しいビジネスシーンにも即応ができるばかりでなく、産学連携の機会も増え、教育・研究の両面で最適な環境になることが期待される。
 また、従来の教壇に向かって学生が横並びにすわる従来の教室だけでなく、U字型に並ぶ教室を設置。授業中、教員が学生の近くまで自由に動きまわることができ、教授と学生が活発に対話できるスタイルとなっている。

■東京理科大学神楽坂キャンパス 富士見校舎
 所在地: 東京都千代田区富士見町1丁目11番2号
 (地図は添付ファイルを参照)

▼本件に関する問い合わせ先
 東京理科大学 広報課
 担当 石黒・三宅
 TEL: 03-5228-8107
 FAX: 03-3260-5823
 E-mail: koho@admin.tus.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る