• トップ
  • リリース
  • 拓殖大学が3月24日に「拓殖大学と東京都立翔陽高校との交流授業実施に関する覚書」の調印式を開催

プレスリリース

拓殖大学が3月24日に「拓殖大学と東京都立翔陽高校との交流授業実施に関する覚書」の調印式を開催

(Digital PR Platform) 2016年03月23日(水)08時05分配信 Digital PR Platform

東京都八王子市に八王子国際キャンパスを有する拓殖大学(本部:東京都文京区)は3月24日(木)に、東京都立翔陽高等学校(東京都八王子市)との交流授業実施に関する覚書の調印式を執り行う。これは、平成25年度から実施している同大の留学生と同校の生徒の交流授業を「高大連携国際理解教育」として定着させ、今後さらに発展させることを目的のとしたもの。


 拓殖大学と東京都立翔陽高校は平成21年4月に教育提携を締結した。これを機に、「高大連携国際理解教育」の一環として、平成25年度から同大の留学生と同校の生徒との交流授業を実施している。

 交流授業の内容は、お互いのキャンパス(拓殖大学は八王子国際キャンパス)を訪問し、自国の文化についてパワーポイント等を用いてプレゼンテーション形式で紹介するとともに、弓道や茶道などの日本文化も体験するというもの。同大の外国人留学生は交換留学生も含めると、エジプト、スペイン、ミャンマー、ネパールなど多彩な国と地域の学生が集まっている。プレゼンテーションの内容も民族衣装を着たり母国のお菓子をふるまったりと、実に郷土色豊かで、授業に参加する高校生の笑い声や驚きの声が絶えず、楽しく和やかな授業となっている。
 対象となる高校生は3年生3〜40名で、高校の設定する教科「国際理解」に充てられる。 

 開始から3年が経過し、交流授業は高大連携国際理解教育として定着している。今後さらに同事業の発展を促進するため、この度、両校間で覚書を交わすこととなった。

 調印式の日程は以下の通り。

◆調印式
【日 時】3月24日(木) 9時50分〜10時10分
【場 所】拓殖大学八王子国際キャンパス 管理研究棟8階 理事会議室
【出席者】
東京都立翔陽高等学校:校長 高野宏、教員 池本早織、教員 増田直樹
拓殖大学:学長 川名明夫、国際部

●参考記事
http://www.takushoku-u.ac.jp/newsportal/international/international_160205_12000.html

●東京都立翔陽高校
http://www.shoyo-h.metro.tokyo.jp/cms/html/top/main/index.html

▼本件に関する問い合わせ先
 拓殖大学総合企画部広報室
 TEL: 03-3947-7160
 http://www.takushoku-u.ac.jp/


【リリース発信元】 大学プレスセンターhttp://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る