• トップ
  • リリース
  • 東京理科大学が「東京理科大学大村賞」を創設 -- 博士後期課程の最優秀者1名を学位記授与式で表彰

プレスリリース

東京理科大学が「東京理科大学大村賞」を創設 -- 博士後期課程の最優秀者1名を学位記授与式で表彰

(Digital PR Platform) 2016年03月17日(木)08時05分配信 Digital PR Platform

東京理科大学(学長:藤嶋 昭)はこのたび、同大理学研究科修士課程を修了、その後1970年に同大で理学博士号を取得し、昨年ノーベル生理学・医学賞を受賞した大村 智先生の栄誉を称え、「東京理科大学大村賞(以下略:大村賞)」を創設した。


 大村賞は極めて優れた研究業績をあげ、同大学生の模範と認められる者を表彰することにより、若手研究者の育成と同大の研究活動の一層の活性化に資することを目的としたもの。当該年度の同大大学院博士後期課程の修了予定者のうち、最優秀者1名に授与される。

 同賞は当該年度の学位記授与式で表彰され、賞状、および副賞として記念メダルと賞金20万円が授与される。平成27年度の学位記・修了証書授与式の概要は下記の通り。

【平成27年度 学位記・修了証書授与式】
・開催日:  平成28年3月18日(金)
・開催場所: 日本武道館(東京都千代田区北の丸公園2-3)

▼本件に関する問い合わせ先
 東京理科大学 広報課 担当 石黒・三宅
 TEL: 03-5228-8107
 FAX: 03-3260-5823
 E-mail: koho@admin.tus.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る