• トップ
  • リリース
  • 長浜バイオ大学の新棟・命翔館に、他大学に例を見ない、小中学生対象の科学実験施設「長浜学びの実験室」を開設

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

長浜バイオ大学の新棟・命翔館に、他大学に例を見ない、小中学生対象の科学実験施設「長浜学びの実験室」を開設

(Digital PR Platform) 2016年03月16日(水)08時05分配信 Digital PR Platform

長浜バイオ大学を運営する学校法人関西文理総合学園(滋賀県長浜市)は、滋賀県では唯一となる臨床検査技師養成プログラムの実習室と、アクティブラーニングルームが配置された命翔館を新設。3月8日に竣工式を行った。この命翔館の1階には、長浜市内の小中学生が対象の科学実験施設「長浜学びの実験室」を開設。同大の教員を講師に、理科実験を通じて小中学生が科学の面白さを体験する。


 「長浜学びの実験室」は、小中学校の1クラスの授業ができる定員40人の実験室で、走査型電子顕微鏡1台、双眼顕微鏡41台、実体顕微鏡21台などの実験機器を備え、植物や昆虫、プランクトンの観察を通して生き物の仕組みや不思議さを体験することを目標にしている。これらの機器は長浜市からの補助金で整備した。

 実験は、長浜バイオ大学の教員と地域連携推進室担当者を講師に、長浜市内の小中学校のクラス単位に授業として行われる。運営は、長浜バイオ大学と長浜市、長浜市教育委員会の三者による運営協議会が担い、新年度から小学校教員経験者の専任コーディネーターを配置して事業をスタートさせ、将来的には、長浜市内の小学5年生と中学2年生の全クラスが、年1回この実験室で科学実験を行う予定。

 小中学生対象の恒常的な実験専門施設を学内に開設している大学は他に例を見ず、長浜バイオ大学は「教育活動を通じた地域貢献」と位置づけ、科学体験を通じた理系人材の育成に貢献していく。

●長浜バイオ大学のWebサイト
 http://www.nagahama-i-bio.ac.jp/

▼長浜バイオ大学の広報に関する問い合わせ先
 長浜バイオ大学アドミッションセンター 広報担当(伊藤)
 TEL: 0749-64-8100(代)
 FAX: 0749-64-8140
 E-mail: kouhou@nagahama-i-bio.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る