• トップ
  • リリース
  • 滋賀県教育委員会と追手門学院大学が連携協定を締結 -- 高大接続の先進的な取り組みがスタート

プレスリリース

滋賀県教育委員会と追手門学院大学が連携協定を締結 -- 高大接続の先進的な取り組みがスタート

(Digital PR Platform) 2016年03月12日(土)08時05分配信 Digital PR Platform

追手門学院大学(大阪府茨木市/学長:坂井東洋男)はこのたび、滋賀県教育委員会と連携協定を締結。これに伴い、3月15日(火)に滋賀県庁で協定締結式を開催する。今後は、同大と滋賀県立高等学校において、高校生の基礎学力向上を支援し、可能性発見の機会を協働して提供する諸事業を展開していく。


 追手門学院大学は、大学の入試改革にいち早く対応した高大接続の先進的な取り組みとして、2014 年度からアサーティブプログラム・アサーティブ入試を開発・導入。文部科学省「2014 年度大学教育再生加速プログラム テーマIII(入試改革)」に私立大学で唯一採択された。この取り組みは、従来の選抜型入試から育成型入試に転換する方法として、着実に実績を上げている。
 高校生の時から大学で学ぶ意欲や基礎学力を育てていくためには、高等学校の協力が不可欠である。同大は協定に基づき滋賀県立高等学校の生徒を対象とする多様な学習機会を提供していく。

 なお、協定の締結に伴い、3月15日(火)に滋賀県庁で協定締結式を開催する。概要は下記の通り。

◆滋賀県教育委員会との連携協定締結式
【日 時】 3月15日(火) 16:20〜17:00
【会 場】 滋賀県庁 新館4階 教育委員会室(滋賀県大津市京町4-1-1)
【締結者】
・滋賀県教育委員会 教育長 河原 恵 (かわはら さとし)
・追手門学院大学 学長 坂井 東洋男(さかい とよお)
【連携内容】
(1)滋賀県立高等学校の生徒を対象とする多様な学習機会の提供
(2)追手門学院大学の教職員、大学院生、学部生による学校教育活動への支援の推進
(3)追手門学院大学と滋賀県立高等学校の教職員相互の交流・研修の推進
(4)教育および研究上の諸課題に対応した調査研究の実施
(5)その他双方が連携に必要と認める事項

▼本件に関する問い合わせ先
 追手門学院 広報課 塩田・村田
 TEL: 072-641-9590

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る