• トップ
  • リリース
  • マレーシア・プトラ大学で、国内外の大学・研究機関と「SATREPS」共同研究の協定を締結 -- 創価大学

プレスリリース

  • 記事画像1

マレーシア・プトラ大学で、国内外の大学・研究機関と「SATREPS」共同研究の協定を締結 -- 創価大学

(Digital PR Platform) 2016年03月08日(火)08時05分配信 Digital PR Platform

環境・エネルギー・自然災害など、国際社会が共同で課題解決に取り組む「地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)」に、2015年5月、創価大学理工学部・戸田龍樹教授の「熱帯水産資源の持続可能な循環管理型生産システムの研究開発」が採択された。これは、2019年度まで国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)より支援を受け、国内外の大学および研究機関と共同で研究に取り組むプロジェクト。これに伴い、2月29日に、マレーシア・プトラ大学にて国内外の大学・研究機関との共同研究の調印式が行われた。


 共同研究の開始にあたって、2月29日に、マレーシア・プトラ大学にて協定を結ぶ調印式が行われ、創価大学から研究代表者である戸田教授をはじめ、馬場善久学長、秋谷芳英大学事務局長らが出席。マレーシアからはマレーシア・プトラ大学、マレーシア・トレンガヌ大学、セランゴール大学の教職員らが参加した。また、マレーシア日本大使館参事官や国際協力機構(JICA)、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)、マレーシア政府高官など、多くの関係者が列席しての調印式となった。

 これから東京大学、東京工業大学、国立環境研究所、マレーシア・プトラ大学、マレーシア・トレンガヌ大学、マレーシア・セランゴール大学と共同で、2019年度までの期間、研究に取り組む。

 本研究では、生物多様性の高い熱帯地域に位置するマレーシアにおいて、高付加価値物質の生産が可能な微細藻類の屋外大量培養技術の確立を目指し、現地で探索した有用藻類と成長促進作用を持つ天然物質を利用した新たな培養技術を研究開発する。

(注)地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS):文部科学省・外務省の支援のもと、科学技術振興機構(JST)と国際協力機構(JICA)が連携して実施する事業。開発途上国のニーズをもとに、地球規模課題の解決および科学技術水準の向上につながる新たな知見を獲得することを目的としている。また、その国際共同研究を通じて、開発途上国の自立的研究開発能力の向上と課題解決に資する持続的活動基盤の構築を図る。

●理工学部 戸田龍樹教授の研究課題がJST-JICAの「SATREPS」に採択されました
 https://www.soka.ac.jp/news/information/2015/05/10054/

●SATREPS研究課題「熱帯水産資源の持続可能な循環管理型生産システムの研究開発」
 http://www.jst.go.jp/global/kadai/h2709_malaysia.html

▼本件に関する問い合わせ先
 創価大学 企画室企画広報課
 TEL: 042-691-9442
 Email: publicrelation@soka.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る