• トップ
  • リリース
  • 目白大学・目白大学短期大学部が西武信用金庫と包括的連携・協力に関する協定を締結

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

目白大学・目白大学短期大学部

目白大学・目白大学短期大学部が西武信用金庫と包括的連携・協力に関する協定を締結

(Digital PR Platform) 2016年02月24日(水)08時05分配信 Digital PR Platform

目白大学(東京都新宿区/学長:佐藤郡衛)・目白大学短期大学部(学長:油谷純子)は、西武信用金庫(本店:東京都中野区/理事長:落合寛司)と包括的連携・協力に関する協定を締結した。これは、地域の活性化と産業の振興を図ることを柱としたもの。調印式は2月23日(火)に目白学園新宿キャンパスで行われた。


 目白大学は、6学部16学科、大学院7研究科を擁する総合大学。新宿、岩槻それぞれのキャンパスで、「総合・文系」「健康・医療系」と系統別の特色ある教育を実施している。学生一人ひとりの力を引き出し、社会が求める人材を育てて送り出すための努力を積極的に続けている。
 目白大学短期大学部は、わが国の大学・短期大学で唯一の製菓学科をはじめ、平成28年度から新フィールドを展開する生活科学科およびビジネス社会学科の3学科がある。少人数教育のもと、「社会に役立てる力」「実践する力」「学び続ける力」の3つの力を身につける教育を展開している。
 一方、西武信用金庫は東京都を中心に、関東地区に69本支店を展開する協同組織金融機関。預金、貸出業務、為替業務などのほか、積極的な地域貢献、企業への経営課題解決支援およびまちづくり支援を展開している。

 こうした特色を有する同大・同大短期大学部と西武信用金庫は、地域社会の発展に寄与するため、互いに支援・協力することを目的とした包括的連携・協力に関する協定を締結した。調印式当日は報道関係者も訪れ、盛大な記者会見が行われた。

 今後は双方の強みを生かし、地域や商店街が抱える課題の解決と活性化に向けた地域貢献事業や、インターンシップを活用した人材育成のほか、地域産業支援、イベントへの参加による産学連携などさまざまな連携事業を展開していく。

●目白大学
 6学部16学科、大学院7研究科を設置。「総合・文系の新宿キャンパス」、「健康・医療系の岩槻キャンパス」に分かれ、系統別のより特色ある教育を展開している。
公式ホームページ: http://www.mejiro.ac.jp/

●目白大学短期大学部
 生活科学科、わが国の大学・短期大学で唯一の製菓学科及びビジネス社会学科の3学科を設置。2016年4月、製菓学科に製菓衛生師コースを新設。平成28年度からは新フィールドを展開し、生活科学科ではファッション、ブライダル・コスメ等の6フィールド、ビジネス社会学科では秘書ビジネス、エアラインビジネス等の5フィールドを展開している。
公式ホームページ: http://www.mejiro.ac.jp/college/index.html

●西武信用金庫
 東京都を中心に、関東地区に69本支店を展開する協同組織金融機関。「お客さま支援センター」活動を推進し、幅広いネットワークを活かした付加価値の高い支援メニューを提供している。地域社会への貢献、企業への経営課題解決支援の他、まちづくり、NPO等のコミュニティビジネス支援活動等の積極的な展開を図っている。
公式ホームページ: http://www.seibushinkin.jp/

▼本件に関する問い合わせ先
 目白大学地域連携・研究推進センター
 TEL: 03-5996-3110
 FAX: 03-5996-3146
 E-mail: kenkyu@mejiro.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る