• トップ
  • リリース
  • 新日鉄住金グループ タイにおける薄板事業会社の統合について

プレスリリース

  • 記事画像1

新日鐵住金株式会社

新日鉄住金グループ タイにおける薄板事業会社の統合について

(Digital PR Platform) 2016年02月12日(金)17時05分配信 Digital PR Platform

タイにおいて冷延鋼板の製造・販売事業を展開している新日鐵住金グループのThe Siam United Steel (1995) Co., Ltd.(以下、SUS)と、自動車用を中心とした溶融亜鉛めっき鋼板を製造・販売しているNippon Steel & Sumikin Galvanizing (Thailand) Co., Ltd.(以下、NSGT)は、2016年2月9日、本年9月を目処に経営統合することに合意しました。

統合新会社の会社名は、NS-Siam United Steel Co., Ltd.(以下、NS-SUS)とする予定です。

1.経営統合の目的
SUSは1995年にタイのサイアム・セメント・グループを始めとするタイ側出資者と、日本の鉄鋼ミルを主体とする出資者の合弁会社として、また、NSGTは2011年に旧新日本製鐵株式会社の子会社として、それぞれ設立されました。以来、両社は、同じ敷地内に立地する利点を活かしながら、タイを始めとするASEAN地域向けに薄板製品事業を展開して参りました。

この度両社は経営統合することで、タイ/ASEANマーケットにおける『薄板品種総合力No.1ミル』の実現に向け、タイ国内唯一となる自動車用途対応の冷延・めっき一貫製造ミルの優位性を最大限発揮して参ります。また、1995年以来、現地で培ってきたマネージメント・ノウハウやローカル人材等の経営資源を融合し、最大限活用していく事で、品質・納期等お客様への対応力・競争力を一層強化していく所存です。

2.経営統合の日程
2016年2月 SUS、NSGT間の事業譲渡契約締結
2016年9月1日を目途 NS-SUS 発足*
(*)必要な政府許認可の取得の完了を条件とする。

3.新会社の概要
(1)社名 NS-Siam United Steel Co. Ltd.(略称NS-SUS)
(2)本社所在地 本社工場:ラヨン県マプタプット、支店:バンコク市バンナ
(3)事業内容 冷延鋼板、溶融亜鉛めっき鋼板の製造、販売
(4)資本金 130億バーツ(約430億円) ※レートは仮¥120/$、36.0THB/$
(5)株主構成 新日鐵住金株式会社 80.2%、三井物産株式会社 6.2%、株式会社メタルワン 5.0%、住友商事株式会社 3.5%、日鉄住金物産株式会社 0.3%、Thai Tinplate Mfg. Co. Ltd. 4.8%
(6)生産能力 冷延 100万トン/年、溶融亜鉛めっき 36万トン/年
(7)従業員数 約1,100名


お問い合わせ先:新日鐵住金株式会社 総務部広報センター
TEL:03-6867-2146, 2135, 2977, 3419

以上
関連リンク
リリースに関するWEBサイトのURL
http://www.nssmc.com/news/20160210_100.html

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る