• トップ
  • リリース
  • 東京家政学院大学児童学科 -- 平成28年4月入学生から特別支援学校教諭一種(知的障害者・肢体不自由者・病弱者)が取得可能になり、子どもを理解できる専門家が目指せる

プレスリリース

東京家政学院大学

東京家政学院大学児童学科 -- 平成28年4月入学生から特別支援学校教諭一種(知的障害者・肢体不自由者・病弱者)が取得可能になり、子どもを理解できる専門家が目指せる

(Digital PR Platform) 2016年01月15日(金)08時05分配信 Digital PR Platform

東京家政学院大学児童学科で、特別支援学校教員養成課程(特別支援学校教諭一種免許状【知的障害者】【肢体不自由者】【病弱者】の三種)が、平成28年4月1日よりスタートする。


 児童学科は保育士、幼稚園教諭一種、小学校教諭一種(※東京教師養成塾連携校)に加えて、特別支援学校教諭一種と認定心理士という多くの資格が取得できるようになった。今回、認可された特別支援学校教諭は、小学校教諭になる人にとってはとても大切な資格科目になる。

▼本件に関するお問い合わせ先
 東京家政学院大学 入試広報グループ 和久 雄亮(わく ゆうすけ)
 〒194-0292 東京都町田市相原町2600番地(町田キャンパス)
 TEL: 042-782-9412
 FAX: 042-782-1711
 E-MAIL: waku@kasei-gakuin.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る