• トップ
  • リリース
  • 京都情報大学院大学「未来IT人材育成奨学金」締め切り迫る

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

京都情報大学院大学

京都情報大学院大学「未来IT人材育成奨学金」締め切り迫る

(Digital PR Platform) 2015年12月11日(金)17時00分配信 Digital PR Platform

〜学費最大95万円免除、1月6日まで。スキルアップしIT業界で夢の実現を!〜

京都情報大学院大学(京都本校・京都駅前サテライト・札幌サテライト・東京サテライト)が多様化するIT環境やニーズに応えるために経済的な事情で進学を迷っている方を支援しようと2015年度に新設した「未来IT人材育成奨学制度」活用の出願締め切り(2016年1月6日)が,迫ってきました。すでに多くの方からお問い合わせをいただいています。定員に限りがありますので,この奨学制度を活用して出願をお考えの方は,お急ぎください。

初年度の学費の85万円を免除する「A種」と,95万円免除の「札幌サテライトの学生限定」の2種類があり,募集定員はそれぞれ10名,5名です。

近年,日本ではグローバルに活躍できるIT人材の不足が叫ばれ,高度IT人材の育成は,これまで以上に急務となっています。京都情報大学院大学では,入学を強く志望している方が,経済的理由により学業をあきらめることなく,夢の実現に向けて進んでいただくため,サポートします。

対象者や応募方法など詳しくは,下記のウェブサイトをご覧ください。

http://www.kcg.edu/school_info/admission_2016/mirai_scholarship.html


【未来IT人材育成奨学金制度】
入学希望の校舎によってお申し込み頂く種別が異なりますのでご注意ください。

■奨学生試験日程
A種奨学生: 1月11日
札幌サテライト奨学生: 1月11日

■条件(家計基準)
給与所得者:年間収入638万円以下
給与所得者以外:年間収入267万円以下
※条件となる年間収入額は「民間給与実態統計調査」および「国民生活基礎調査」をもとに決定しました。
※留学生は, 本奨学金の対象となりません。

■種別
(A種 奨学生)
対象 京都本校,東京サテライト入学希望者
初年度 85万円減免(学費は95万円に)
2年次 55万円減免(学費は100万円に)
採用予定 10名

(札幌サテライト奨学生)
対象 札幌サテライト入学希望者
初年度 95万円減免(学費は85万円に)
2年次 60万円減免(学費は95万円に)
採用予定 5名

京都情報大学院大学(The Kyoto College of Graduate Studies for Informatics)は,京都コンピュータ学院の創立者・教育経験者・スタッフがロチェスター工科大学(RIT)との修士課程ジョイントプログラムの経験に基づき,アメリカの著名教授たちとの密接な協力関係を活用して設立したIT専門職大学院である。IT関連企業から実務家教員を多数迎え,革新性と先駆性に富んだ“業界オリエンテッド”のプラグマティック(実利的)な教育をモットーとする。
今,産業界で求められているのは経営とITの両方を理解する高度IT人材。同学の「ITスキル」と「マネジメントスキル」の両方を体系的・段階的に修得できるプログラムはまさにそのためにある。



本件に関するお問合わせ先
京都情報大学院大学
アドミッションセンター
TEL:075-681-6332
admission@kcg.edu

関連リンク
京都情報大学院大学 受験者向け 資料請求
https://support.kcg.edu/inquiry/apply.cgi
2016年度 未来IT人材育成奨学生募集要項
http://www.kcg.edu/pdf/mirai_scholarship2016.pdf
2016年度4月入学生,2016年度10月入学生募集要項
http://www.kcg.edu/school_info/admission_2016/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る