• トップ
  • リリース
  • ERPコンサルタント育成教育に向けた産学連携協定をクレスコ・イー・ソリューション株式会社と締結

プレスリリース

京都情報大学院大学

ERPコンサルタント育成教育に向けた産学連携協定をクレスコ・イー・ソリューション株式会社と締結

(Digital PR Platform) 2015年11月16日(月)18時57分配信 Digital PR Platform

企業の経営資源を適切に配分し有効活用するための考え方であるERP(Enterprise Resource Planning)の人材育成を目的に,京都情報大学院大学(KCGI)と京都コンピュータ学院(KCG)と,ERPの導入コンサルティングなどを手掛けるクレスコ・イー・ソリューション株式会社(本社:東京都港区,代表取締役社長:谷口 義恵,以下 CeS)は学術交流や協力関係の構築について合意し2015年11月16日,両者間で産学連携事業に関する協定を締結しました。KCGとKCGIはこれまでもERPの教育に力を入れ,多くの人材を関連業界に輩出してきましたが,今回の協定締結により,より充実したERPコンサルタント育成に向けた教育が行われることが期待されます。

KCGIでは近く,eラーニングによる「社会人向け短期ERPコンサルタント育成コース」をスタートさせます。これが,両者協定締結後初めての取り組みになります。

協定内容は
▽ 相互の人材交流
▽CeS社によるERP関連授業・講義の開講
▽学術上の情報,刊行物及び資料の交換
などです。
現在KCG経営情報学科では「ERP開発実習」「ERP開発実習2」においてABAP=SAP ERPのプログラミング言語=プログラミングの実習授業をCeS社と共同で実施しています。またKCGIのERPコンサルタント育成プログラムをCeS社の社員教育に活用するなど協力関係を進めてきました。今後は両者で,ERPの導入コンサルテーション,開発,運用保守などを行える人材を育成するための,より実践的な教育プログラムの開発・推進に向け協議を重ねていきます。

KCGIでは,ERPパッケージとして世界的に最も導入事例が多いドイツSAP社のSAP ERPの教育用システムを導入して,実践的な教育を展開しています。合わせて,SAP社による認定試験「SAP認定コンサルタント」試験対策の講義を実施しています。この認定資格を取得することは,ERP関連のコンサルタントや企業におけるIT部門のスタッフとしての活躍を目指す人にとっては,大きな力となります。2006年度に大学院生として初めて本学の学生が「SAP認定ソリューションコンサルタント Financials」試験に合格し,以降も多数の合格者を輩出しています。

*SAP,SAPロゴ,記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ,製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。京都情報大学院大学(The Kyoto College of Graduate Studies for Informatics)は,京都コンピュータ学院の創立者・教育経験者・スタッフがロチェスター工科大学(RIT)との修士課程ジョイントプログラムの経験に基づき,アメリカの著名教授たちとの密接な協力関係を活用して設立したIT専門職大学院である。IT関連企業から実務家教員を多数迎え,革新性と先駆性に富んだ“業界オリエンテッド”のプラグマティック(実利的)な教育をモットーとする。
今,産業界で求められているのは経営とITの両方を理解する高度IT人材。同学の「ITスキル」と「マネジメントスキル」の両方を体系的・段階的に修得できるプログラムはまさにそのためにある。



本件に関するお問合わせ先
京都情報大学院大学
アドミッションセンター
TEL:075-681-6332
admission@kcg.edu

関連リンク
教育用SAPシステム
http://www.kcg.edu/facilities/educational_sap_system.html
ERPの資格取得へ社会人向けコース eラーニングで開講
http://www.kcg.edu/school_info/news2015/2015-10-13b.html

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る