• トップ
  • リリース
  • 大学と民間企業の連携により、“学生が考える、将来の家”を提案するコンテスト「エネマネハウス2015」 山口大学「やまぐちさんの風の家」が優秀賞と地方創生賞を受賞

プレスリリース

  • 記事画像1

コベストロジャパン株式会社

大学と民間企業の連携により、“学生が考える、将来の家”を提案するコンテスト「エネマネハウス2015」 山口大学「やまぐちさんの風の家」が優秀賞と地方創生賞を受賞

(Digital PR Platform) 2015年11月05日(木)11時14分配信 Digital PR Platform

コベストロは山口大学が提案する住宅の省エネ化の実現に協力

コベストロジャパン株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:米丸公康)が支援している国立大学法人 山口大学 感性デザイン工学科(山口県宇部市)のプロジェクトチーム(プロジェクトマネージャー:樋山恭助准教授)が提案した実験住宅「やまぐちさんの風の家」が、「エネマネハウス2015」で優秀賞と特別賞の地方創生賞を受賞しました。

経済産業省の事業の一環である「エネマネハウス」とは、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に関する革新的なアイディアを生む産学官連携の場です。“学生が考える、将来の家”をテーマに、先進的な技術や新たな住まい方を提案するモデルハウスを実際に建築・展示して、実測調査を実施。省エネ達成度や実現性、将来性などを基準に評価されるコンテストです。「やまぐちさんの風の家」は居住者のライフスタイルに柔軟に対応できるというコンセプトが高く評価されたことに加えて、実測調査の結果も良好だったことから、優秀賞に選ばれました。さらに、地元の資源・産業を結集したことが評価され、地方創生賞も受賞しました。

山口大学のグループが提案する「やまぐちさんの風の家」の設計コンセプトを実現するため、モデルハウスには様々な先進的建築アプリケーションが採用されました。真空断熱材と発泡ウレタンのハイブリッド材による屋根は、この一例です。これは、コベストロジャパンが推進している環境プログラム(エコ・コマーシャルビルプログラム)に協賛する多くの日本企業と山口県の地元企業との協業によって実現しました。コベストロジャパンは、今後もこのような環境に配慮した技術の開発、普及に関わる先進的な活動を積極的に支援していきます。


■「やまぐちさんの風の家」概要
太陽のエネルギーを受けとめる確度の異なる3つの屋根と、ダイナミックな風の動きをデザインする階段状に空間を構成。自然採光・自然換気を活用したシンプルな省エネ設計により設備への依存度を極限まで減らします。



【コベストロ社について】
コベストロ社(旧バイエル マテリアルサイエンス社)は2014年度売上高が118億ユーロの世界最大のポリマー製造企業のひとつです。主たる活動分野は、高機能ポリマー材料の生産、および日常生活の多くの分野で使用されている製品の革新的ソリューションの開発です。主要な顧客は、自動車、電気/電子、建築、スポーツ・レジャーの各産業です。コベストログループは2015年9月末現在、世界中の30拠点に生産施設があり、社員数は15,700人です。詳しくはこちらをご覧ください。covestro.jp

※将来予想に関する記述 (Forward-Looking Statements)
このニュースリリースには、コベストログループによる現在の試算および予測に基づく将来予想に関する記述 (Forward-Looking Statements) が含まれている可能性があります。さまざまな既知・未知のリスク、不確実性、その他の要因により、将来の実績、財務状況、企業の動向または業績と、当文書における予測との間に大きな相違が生じることがあります。当社は、これらの将来予想に関する記述を更新し、将来の出来事または情勢に適合させる責任を負うものではあり

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る