• トップ
  • リリース
  • 武蔵野大学が2016年度より英語資格・検定試験を活用した新入試制度「グローバル方式」を導入

プレスリリース

  • 記事画像1

武蔵野大学が2016年度より英語資格・検定試験を活用した新入試制度「グローバル方式」を導入

(Digital PR Platform) 2015年06月27日(土)08時05分配信 Digital PR Platform

武蔵野大学(東京都江東区/学長:寺崎修)は、急速なグローバル化によって英語力が重要視される中、英語コミュニケーション能力を適切に評価していくため、2016年度一般入試より、英語資格・検定試験を活用した「グローバル方式」を全学部で実施する。同大は2016年4月に「グローバル学部」(グローバルコミュニケーション学科、日本語コミュニケーション学科、グローバルビジネス学科)を構想中であり、今回の新入試制度も合わせて、ますます大学のグローバル化を進めていく考え。


 武蔵野大学の「グローバル方式」(英語資格基準型)は、従来型の英語試験に代えて、TOEFLやIELTS、TOEIC、TEAP、GTECといった「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能(一部は2〜3技能)を評価する英語資格・検定試験を活用する入試。各英語資格・検定試験の基準スコアに応じ、同大の英語試験の得点を80点〜100点とみなす。

◆「グローバル方式」(英語資格基準型)
【試験日】
 2016年1月24日(日) 全学部統一入試(一般入試S日程)
 2016年2月6日(土) 理系メイン入試(一般入試A日程)
 2016年2月15日(月) メイン入試(一般入試A日程)
 2016年2月16日(火) メイン入試(一般入試A日程)
 2016年3月4日(金) 3月入試(一般入試B日程)
【試験教科・配点】
 下記の英語資格・検定試験のスコアに応じ、受験生の外国語(英語)の点数を80点〜100点満点とし、残りの2教科(学部学科および入試制度により1教科)について、筆記試験を実施する。
【活用する英語資格・検定試験、基準スコアとみなし得点】
 下記の表の通り。

※上記内容は変更される場合があります。詳しくは「2016年度入学試験要項」でご確認ください。

▼入試内容に関する問い合わせ先
 武蔵野大学 入試センター
 TEL: 03-5530-7300
 E-mail: nyushi@musashino-u.ac.jp

▼取材の申し込み等の問い合わせ先
 武蔵野大学 企画部 企画・広報課(担当:冨山、柏原)
 TEL: 03-5530-7403
  FAX: 03-5530-3818
  E-mail: kouhou@musashino-u.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る