• トップ
  • リリース
  • 立正大学が教職教育センターを設置 “教員養成90年の古豪”復活を目指す

プレスリリース

立正大学が教職教育センターを設置 “教員養成90年の古豪”復活を目指す

(Digital PR Platform) 2015年06月16日(火)08時05分配信 Digital PR Platform

立正大学(東京都品川区/学長:山崎和海)は、平成27年度より、教職教育を総合的・機能的に司る「教職教育センター」(センター長:岩本俊郎 心理学部教授)を新設した。


 同学の教員養成の歴史は古く、日蓮宗大学が立正大学専門部と改称され、高等師範科が設けられた1925(大正14)年に遡る。以来、教員免許を取得した卒業生は1万5,000人を超え、その多くが教員となって活躍してきたが、近年、採用枠の縮小も相俟って、教職に就く学生が減少していた。さらに、国レベルでも教員養成と教員免許のあり方が大きく変わってきた中で、従来型の教員養成の限界を超えて時代の要請に応えることを目的に同センターを設置した。

 全8学部共通教育の枠組の一翼を担う同センターでは、当座、全学部で免許を取得できる中等教育を対象とするが、将来的には、社会福祉学部で免許取得できる初等教育や特別支援教育にも対応し、教育委員会とも連携を図りながら、<「モラリスト×エキスパート」を育む。>同学ならではの養成すべき教員像の確立とプログラム開発を目指す。

■立正大学(りっしょうだいがく)
・学長:山崎和海(やまざき かずみ)
・開校143年を迎えた8学部15学科、7研究科、9研究機関の総合大学。
・品川キャンパス: 東京都品川区大崎4-2-16
 仏教学部/文学部/経済学部/経営学部/法学部/心理学部
 文学研究科/経済研究科/経営研究科/心理学研究科
・熊谷キャンパス:埼玉県熊谷市万吉1700
 法学部/社会福祉学部/地球環境科学部
 法学研究科/社会福祉学研究科/地球環境科学研究科
・日蓮聖人の「立正安国論」をその校名の由来とする立正大学の建学の精神は、下記の三つである。
 1.真実を求め至誠を捧げよう
 2.正義を尊び邪悪を除こう
 3.和平を願い人類に尽そう

▼本件に関する問い合わせ先
 立正大学 http://www.ris.ac.jp/
 学長室政策広報課
 東京都品川区大崎4-2-16
 TEL: 03-3492-5250

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る