• トップ
  • リリース
  • AI×IoT×テクノロジーを組み合わせたデジタルレイバー「RPA」が人の働き方を変える! 「日本RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)協会」発足。

プレスリリース

AI×IoT×テクノロジーを組み合わせたデジタルレイバー「RPA」が人の働き方を変える! 「日本RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)協会」発足。

(NewsTV) 2016年07月22日(金)13時32分配信 NewsTV

RPAテクノロジーズ株式会社が発起人となり、日本のRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)普及に関わる様々な企業や団体、有識者が集結し、省庁とも連携しながら議論を深めてビジョンを共有し、その普及を図る一般社団法人「日本RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)協会が7月20日(水)に発足した。


【設立背景】

現在、日本国内・欧米の先進的な企業では、業務の生産性を高めるために「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」のソリューションが導入されはじめています。RPAは、これまでの人間のみが対応可能と想定されていた作業、もしくはより高度な作業を人間に代わって実施できるルールエンジンやAI、機械学習等を含む認知技術を活用した新しい労働力を創出する仕組み(Digital Labor)となります。今までコスト削減や品質・生産性向上の一環として行われていたアウトソーシングや、シェアードサービス及びIT導入の取り組みを大幅に進化させる新しい補完技術として注目を集めています。今後、2025年までに全世界で1億人以上の知的労働者、もしくは1/3の仕事がPRAに置き換わると言われています。また、特に日本国内においては、急速な少子高齢化に伴う労働生産人口の減少・不足という大きな課題に対する直接的な解決策としても大きく期待を集めており、RPAを活用した新規事業の創出が各業界で始まっています。 そこで、日本のRPAに関わるさまざまな団体や企業、有識者が結集し、省庁とも連携をしながら議論を深め、ビジョンを共有し、その共有を図るため、「日本RPA協会」を設立いたしました。


【目的:日本RPA協会の役割】

日本RPA協会は、RPA業界の健全な発展、エコシステムの活性化により、仮想知的労働者(Digital Labor)と人間が共存する世界を目指します。


・RPA市場の健全な発展と、日本における事業創造と雇用創造への支援</p>

・RPAの社会的な理解や価値の向上に向けた国内外関連企業間連携への支援</p>

・RPA市場における日本のプレゼンス向上



【活動内容】

日本RPA協会は、国内外の関連団体との情報交換や協力のための活動を通じて、健全な業界の発展と、RPAエコシステムの活性化により、仮想知的労働者(Digital Labor)と人間が共存する世界を目指し、世界のRPA市場における日本のプレゼンスの向上に貢献することを目的とする団体です。 今後、新たなRPAを活用したビジネスが生まれやすい環境を整え、業務効率化による社会発展に向けた一つの視点として、様々な案が生まれる場にしていきます。


http://rpa-japan.com/


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る