• トップ
  • リリース
  • 「眠れる観光資源」 長崎県佐世保の九十九島(くじゅうくしま)

プレスリリース

「眠れる観光資源」 長崎県佐世保の九十九島(くじゅうくしま)

(NewsTV) 2016年02月24日(水)19時00分配信 NewsTV

九十九島(くじゅうくしま)は、長崎県佐世保港外から平戸瀬戸まで約25qの海域にわたって大小の島々が連なる地域。

「九十九」と書きますが、実際の島の数は208ある。

島の密度は日本一と言われ、60年の歴史を持つ国立公園(西海国立公園)。

近辺でふんだんに味わうことができる養殖カキ「九十九島カキ」をはじめ、鯛、アジ、サザエ、アワビ、フグなどの魚介類が生息する育みの海。

リアス海岸の群島である九十九島は独特の形状が美しく、日本百景にも選定され、遊覧船での島めぐりや、その地形を生かしたシーカヤックやヨットなどのマリンスポーツも盛ん。

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る