• トップ
  • リリース
  • 抽象的なインクのしみから連想された単語を予想する、チーム戦のボードゲーム『ロールシャッハ』日本語版 好評発売中!

プレスリリース

株式会社ホビージャパン

抽象的なインクのしみから連想された単語を予想する、チーム戦のボードゲーム『ロールシャッハ』日本語版 好評発売中!

(DreamNews) 2021年05月27日(木)15時00分配信 DreamNews

株式会社ホビージャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松下大介)は、昨年設立されたドイツの新ゲームレーベル、Deep Print Gamesより発売される、抽象的なイメージから単語を連想するチーム戦のゲーム『ロールシャッハ』日本語版を5月下旬に発売いたしました。



ロールシャッハ・テストに合格するのは、どちらのチームか?


あなたは嫌な夢から目覚めた。周りを見回して、何かがおかしい事に気付く。
窓がひとつも無い白い壁。鍵のかかったドア。
部屋の隅、半ば影に隠れるように、髭を伸ばした老人がテーブルの前に座っていた。彼は自分をロールシャッハ教授、精神科医だと紹介する。
あなたは困惑し、これは絶対に何かの間違いだと主張した。自分たちは全員、完全に正常だと。
「ああもちろん、そうだろうとも」ロールシャッハは笑顔で言った。
「では、ちょっとしたテストでそれを証明してもらうとしよう、いや、こう言った方がいいかな
 “では、ゲームを始めようか”。」





『ロールシャッハ』では、プレイヤーは2つのチームに分かれ、交互に「テストチーム」と「解析チーム」の役割を行います。
テストチームはチームの1人を被験者として選びだします。
被験者はインクをにじませた左右対称の抽象的な3枚の画像と単語が書かれた3枚のカードの組合せを(たとえ連想が難しくとも)ひそかに決めます。

他のテストチームのプレイヤーは組合せを予想し、その後同様に解析チームも組合せを予想します。しかし、テストチームと解析チーム両方が正解であれば、どちらにも点数はありません。
得点計算の際に4点以上獲得していて、相手チームより2点以上リードしていることで勝利……すなわちあなたたちは教授のテストに合格します。

イメージから連想する単語を伝えるのではなく、すでにあるイメージと単語を組み合わせなければならないもどかしさと、推測が当たったときの連帯感も楽しい、心理テストを彷彿とさせるアートワークも魅力的な連想ゲームです。









『ロールシャッハ』日本語版
●価格/3,850円(税込)
●プレイ人数/4~10人
●ゲームデザイン/Kristian Kloo
●対象年齢/10歳以上
●プレイ時間/15~30分
●商品コード/4981932025797
●商品WP/https://hobbyjapan.games/rorschach/
●内容物/イメージ・カード 100枚、単語カード 100枚、木製マーカー 18個、ルールブック 1冊


【関連リンク】
●ホビージャパンのゲーム商品案内     https://hobbyjapan.games/
●ホビージャパン・ゲームツィート     https://twitter.com/HobbyJAPAN_GAME
●ポストホビーWEBSHOP|アナログゲーム https://www.posthobby.com/hpgen/HPB/entries/3.html

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る