• トップ
  • リリース
  • 米国AWSデバイス認定をIoTエンジンNEQTOのセルラー(通信キャリアネットワーク)対応モジュールが正式取得。グローバルIoT市場での展開へ大きな一歩。

プレスリリース

米国AWSデバイス認定をIoTエンジンNEQTOのセルラー(通信キャリアネットワーク)対応モジュールが正式取得。グローバルIoT市場での展開へ大きな一歩。

(DreamNews) 2021年04月22日(木)14時00分配信 DreamNews



JIG-SAWの米国法人JIG-SAW US, INC.(米国サンフランシスコ、以下JIG-SAW US)は、本日、同社のエンタープライズ・レベルIoT「NEQTO Bridge LTE Cat-M Module」がAWS(Amazon.com, Inc. / NASDAQ: AMZN、Amazon Web Services, Inc.)のデバイス認定プログラム(DQP)認定を取得したと発表しました。

今回のNEQTO Bridge LTE Cat-Mの認定は、NEQTO Bridge Wi-Fiモジュールの成功に続くもので、すでにAWSのIoTマーケットプレイスに正式掲載されており、すぐにエンタープライズユーザーがAWS IoTイニシアティブに統合可能となります。




AWSマーケットプレイス
https://devices.amazonaws.com/search?kw=NEQTO&page=1

JIG-SAW USのCEO Tomo Oeのコメント
「AWS MarketplaceにJIG-SAWの製品が新たに加わることを大変嬉しく思います。今後、AWSのビジネス開発パートナーと密接に協力し、新しくエキサイティングなIoTプロジェクトに取り組んでまいりたいと思います。NEQTOのエッジ処理とデバイス管理機能は、新しいビジネスを開拓するとともに、業界の飛躍的な成長を可能にします。当社は、IoT分野のリーダーであることを誇りに思っています。」

NEQTOは、エンタープライズレベルのIoTソリューションを迅速に提供することで、ROIまでの時間を大幅に短縮します。
NEQTO Consoleにより、高速でのリモート開発が可能です。IDEやPCと有線接続せず、Webブラウザを使ってJavaScriptでビジネスロジックを開発・実行することができます。

NEQTO Bridge LTE Cat-Mにより、マシンやセンサーとAWS IoT Coreアカウント間の双方向制御、エッジ処理、セルラー通信が即実行可能です。

NEQTOは、マシンの接続やセキュリティからデバイス管理までをすべてカバー、ユーザーは、自社のビジネスに集中することができます。
時間や多大なコスト、つまり、組み込みハードウェア開発チーム、ネットワーク認証、複雑なアンテナ調整やクラウド開発環境の用意、ネットワーク通信のセキュリティ確保のための多大な労力等を必要とせず、エンタープライズレベルのIoTソリューションの展開を、限りなくスピーディーかつシンプルにするソフトウェアサービスです。

*”Amazon Web Services”および”AWS”は、米国その他の国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。



JIG-SAW USについて - AWS Advanced Consulting Partner

JIG-SAWのグローバルIoT米国法人JIG-SAW USは、LTE対応IoT技術のリーディング企業です。
JIG-SAWは、「Impress DX Awards 2019」における「エッジコンピューティング/デバイス部門」でグランプリを受賞した無線・セルラー通信エンドツーエンドIoTエンジン「NEQTO」を提供しています。
NEQTO は、各種機器・エッジデバイスとあらゆるクラウドとの自動接続が可能です。
AWS パートナーページ
https://partners.amazonaws.com/partners/001E000000rWA7CIAW/JIG-SAW,%20INC

JIG-SAW US, INC.
https://neqto.jig-saw.com/
156 2nd Street, San Francisco, CA 94105
Contact:inquiry@us.jig-saw.com

JIG-SAW株式会社
https://www.jig-saw.com/
東京本社/東京都千代田区大手町1丁目9番2号
東京 | 札幌 | サンフランシスコ | トロント




推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る