• トップ
  • リリース
  • 急速な IoTに向けた「ビルディングブロックデータ収集システム」ハードウエア及びソフトウエアの受託開発開始

プレスリリース

ポジティブワン株式会社

急速な IoTに向けた「ビルディングブロックデータ収集システム」ハードウエア及びソフトウエアの受託開発開始

(DreamNews) 2021年04月02日(金)16時30分配信 DreamNews

2021年4月2日、ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、Instrumentation Technologies Company(i-tech:本社・スロベニア)とともに、重要な運用データを高速で信頼性の高い方法で記録する必要がある領域では、ビルディングブロックを使用して、特定の顧客のニーズに応じてシステムを構築するサービスを開始いたします。

◆高速データ収集が基本的な理由は何ですか?
急速な産業の発展により、施設や設備は電力や情報のソースとして電気信号にますます依存するようになり、評価、テスト、コンプライアンスに関するその後の問題が発生しています。これらのシステムの最適化は、予知保全とともに、特に電圧スパイクや高調波電流などの電気的パラメータの高速過渡現象を調べる場合に、サンプリングレートを上げて信頼性の高いデータ収集を行う必要があります。

サンプリングレートを上げて電気入力に変換された機械的パラメータの監視(高周波インパルス測定など)は、パフォーマンス分析や異常の早期検出に非常に役立ちます。

◆「ビルディングブロックデータ収集システム」最初からシステムを開発することの欠点
高速DAQの必要性に加えて、すべてのアプリケーションには当然、独自の特定の要件があります。システムをゼロから開発する場合、全体的な予算は、長いR&Dプロセスとデバッグ期間、新しく設計されたシステムの信頼性の低下、EMCの潜在的な問題、および関連する認証の影響を受けます。

Instrumentation Technologies社が独自のIPを使用して開発した、モジュラービルディングブロックデータ収集システムの堅牢な設計により、一連の標準化、テスト、および認定されたブリックが提供されます。ビルディングブロックは完全にテストされ、EMC認定されています。

各モジュールには一連の個別の絶縁入力があり、さまざまなタイプのアナログ電気信号を読み取り、12ビットまたは最大16ビットで最大1GS / sのレートでサンプリングできます。

ビルディングブロックシステムの基本レイアウトは、基本ユニット、DAQユニット、通信ユニット(システムにデータを送信するか、クラウドサーバーにアップロードする)、および個々のユニットを接続するバックプレーンユニットで構成されます。そのため、入力信号の数に実際の制限はありません。大量の入力信号の場合、ビルディングブロックをモノリスに統合する可能性があります。

ビルディングブロックアセンブリの上に、カスタマイズされた構成を提供するために2番目のレイヤーが追加されます。これは、専用または適合ソフトウェアを使用して行われ、サンプルレート、時間ベースまたはイベントベースのトリガー、後処理、FFT分析、アラーム信号、時間ウィンドウサイズなどの設定が含まれます。これにより、カスタマイズされたシステムの供給が可能になり、研究開発時間を最小限に抑え、試運転とデバッグのフェーズを短縮し、その後のコスト削減と納期の短縮を実現します。

ビルディングブロックシステムは、-40°〜+ 85°Cの範囲の動作温度で、クラスIP54保護を備えた過酷な条件で動作するように設計されており、最大95%(結露しないこと)の相対湿度レベルで動作します。入力電圧は、標準の12 Vdc〜36 Vdcの範囲で、許容誤差は-10〜 + 15%、つまり48 VPoEです。停電が発生した場合、ビルディングブロックの内蔵UPSが引き継ぎ、貴重な情報の損失を防ぎます。

入力信号の数は事実上無制限で、必要に応じてビルディングブロックを追加するだけです。ユニットが入力信号を使用して後で行うことは、たとえば、より低い周波数サンプリングを使用し、より長い時間ウィンドウを使用してローカルGB範囲RAMにデータを格納するなど、完全に適合させることができます。必要に応じて、特に電気的な高速過渡現象の分析のために、顧客は高周波サンプリングを選択し、最大1GS / sのシステム容量全体を使用することもできます。後者の場合、時間枠が大幅に短縮され、物理ベースまたはクラウドベースの外部ストレージにデータを送信するために、インターフェイスの1つ(USB、イーサネット、または外部アンテナ)を継続的に使用する必要があります。ユニットへの簡単なリモートアクセスも同じインターフェースを介して可能です。

必要に応じてサンプリングをトリガーすることは、DAQおよびデータサイズ管理のもう1つの重要な側面です。これは、無関係な情報を含む不必要に大きなデータファイルを回避し、処理と分析の時間の浪費をもたらします。特定のニーズに応じて、サンプリングは時間ベースでのトリガーできますが、単一のしきい値や一連の条件などのイベントによってトリガーすることもでき、選択した信号でサンプリングを開始します。プレトリガー遅延も個別に構成できます。

堅牢な標準ソフトウェアを使用することで、APIレベルのソフトウェアサポートを介して、またはLabVIEWに基づくグラフィカルコントロールユーザーインターフェイスを使用して、このタスク中に柔軟性と使いやすさが保証されます。これにより、高速の過渡現象の詳細な分析と、低速の現象の長期的な監視が可能になり、予測的な障害認識が強化されます。

◆Instrumentation Technologiesについて
Liberaの装置は、Instrumentation Technologies Companyによって開発・製造されています。1998 年に設立された同社は、ガレージベースのスタートアップから、Libera および Red Pitaya 製品で知られる確立された企業へと成長し、バイオセンサー、計測器、プロセス制御のためのセンターオブエクセレンス (COBIK) を立ち上げました。

アクセラレータコミュニティでは、Libera(リベラ)として知られています。技術革新、品質、信頼性、すべてにおいて、優れていると評価されています。Libera製品は、ハードウェアと ソフトウェアを強力な測定器に変えて 様々なビームパラメータを測定します。これらの測定は、粒子加速器の性能を最適化するためにフィードバックループで使用されます。加速器によってニーズは異なります。しかし、Liberaの装置は再構成可能でモジュール化されているため、様々なエンドユーザーの要求に対応することができます。

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1−12−1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL https://www.positive-one.com

ポジティブワン株式会社は、「サービスモデル」のための「ものづくり(IoT端末側から)」の仕様設計から開発製造に至るまでのワンスポットソリューションを提供いたします。

今までの半導体関連を取り巻くエンベデッドのプレイヤは、自社開発をしたコア製品を販売することにフォーキャスをしているため、サービスモデルや仕様にあった製品を提案することは難しいかったです。ポジティブワンは、海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できる商社機能、自社のハードウエアからソフトウエアの開発製造、そして、テストから認証サービスのための第三者試験機関との提携と支援サービスにより、多様にあったサービスに対応できます。企画段階での仕様作成、技術的な問題定義や解決、最先端技術の導入に選ばれます。それは、IoT端末以外、自動車、医療、産業機器などの安全性や信頼性を求められる分野での経験や実績を積んでいます。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com



推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る