• トップ
  • リリース
  • CAN-LINゲートウェイECU(CAN/CAN FD/LIN/SAE J1939)アダプタの販売開始

プレスリリース

ポジティブワン株式会社

CAN-LINゲートウェイECU(CAN/CAN FD/LIN/SAE J1939)アダプタの販売開始

(DreamNews) 2021年03月18日(木)14時00分配信 DreamNews

2021年3月18日、ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、CAN-LINゲートウェイECUは、最大2つのCAN/CAN FDチャンネル、LINチャンネル、および複数の多目的デジタル/アナログ入出力を備えた電子制御ユニット「CAN-LINゲートウェイECU(CAN/CAN FD/LIN/SAE J1939)アダプタ」の販売を開始いたします。

制御装置は完全に構成可能で、CAN/CAN FDネットワークとLINバスの間のスタンドアロンのデータコンバータとして、またはCANおよびLINシステムにセンサーおよびアクチュエーターをインターフェースする遠隔I/Oモジュールとして使用することができます。制御装置は、SAE J1939およびベースCANの両方の議定書を支え、粗い自動車および産業環境の移動および静止の適用のために適しています。

機能:
・ CAN、CAN FD、LINバス間のデータ変換
・ 1 つの CAN チャネル
・ 1 つのオプションの CAN FD チャネル
・ 1 つの LIN チャネル
・ SAE J1939 サポート
・ チャネル間で構成可能なフレームおよびデータルーティング
・ 電流測定で最大7つの多目的入力および出力
・ CANまたはLINフレームデータへの設定可能なI/Oマッピング
・ 簡単な構成のためのPCツール
・ 防水自動車グレードECU
・ 12 Vおよび24 Vシステムに適しています
・ ECE-R10 (E1) 承認 (2021/Q4 予定)

ユース例:
・ CAN-LIN bridge
・ CAN-CAN FD ゲートウェイ
・ リモート I/O ECU
・ ユニバーサル SAE J1939 ECU

ECUコンフィギュレータ:PCアプリケーションは、CANバス経由でECUを簡単に設定することができます。ECUのモード、通信チャネルのパラメータ、チャネル間フレーム変換(フレームマッピング)、およびI/Oマッピングを設定できます。構成は、デバイスの不揮発性メモリに格納されます。

CAN-LINゲートウェイは、シングルCAN/デュアルCAN(CAN FD対応)の組み合わせを提供する複数のバリエーションで利用可能で、CANバス/イグニッションスイッチ(KL15)入力信号に対する自動ウェイクアップとスリープを提供します。

リクエストに応じてカスタマイズが可能です。

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1−12−1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL https://www.positive-one.com

ポジティブワン株式会社は、「サービスモデル」のための「ものづくり(IoT端末側から)」の仕様設計から開発製造に至るまでのワンスポットソリューションを提供いたします。

今までの半導体関連を取り巻くエンベデッドのプレイヤは、自社開発をしたコア製品を販売することにフォーキャスをしているため、サービスモデルや仕様にあった製品を提案することは難しいかったです。ポジティブワンは、海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できる商社機能、自社のハードウエアからソフトウエアの開発製造、そして、テストから認証サービスのための第三者試験機関との提携と支援サービスにより、多様にあったサービスに対応できます。企画段階での仕様作成、技術的な問題定義や解決、最先端技術の導入に選ばれます。それは、IoT端末以外、自動車、医療、産業機器などの安全性や信頼性を求められる分野での経験や実績を積んでいます。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com



推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る