• トップ
  • リリース
  • 非常に複雑な次世代マルチコアシステムのさらに効率的なデバッグを可能した「UED2021」販売開始

プレスリリース

ポジティブワン株式会社

非常に複雑な次世代マルチコアシステムのさらに効率的なデバッグを可能した「UED2021」販売開始

(DreamNews) 2021年02月09日(火)18時00分配信 DreamNews

2020年2月9日、ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区、ドイツ・ラウタに本社にもつPLSプログラマブルロジックアンドシステム社日本総代理店)は、非常に複雑な次世代マルチコアシステムのさらに効率的なデバッグを可能した「UED2021」の販売を開始いたします。

World 2021 DIGITALで発表する、非常に複雑な次世代マルチコアシステムのさらに効率的なデバッグを可能にする新しい直感的なユーザーインターフェイスがUDE2021によって提供されます。自動テストを大幅に改善するために、コードカバレッジ関数も最適化され、Pythonコンソールが現在のバージョンのUniversal Debug Engine(UDE)に実装されています。

コアの数が増え続けるマイクロコントローラーとプロセッサーで実行されるアプリケーションの分析とデバッグをさらに効率的にするために、PLSはUDE 2021で完全に新しいレイアウトフレームワークを使用しています。ドックの位置が左右に固定されている以前のレイアウトとは対照的にて、上部と下部、およびタブを介してウィンドウにアクセスできる中央のタブウィンドウを用意し、たとえば、ソースコード、変数やレジスタなどの内部状態を表示、グラフィカルな視覚化を提供可能なデバッガーのすべてのウィンドウを使用できるようになりました。 UDEユーザーインターフェイス内で完全に柔軟に配置およびグループ化されます。必要に応じて、ユーザーはいつでも新しいドックの場所を作成したり、既存のドックの場所に新しいタブとしてウィンドウを追加したりできます。加えて、ドックの場所は、メインのUDEウィンドウの外側に作成して、単一または複数のUDEウィンドウに対応することもできます。これにより、非常に便利なマルチモニター操作が可能になります。

他の方法でも、UDE2021は文字通りユーザーにまったく新しい視点を提供します。パースペクティブを使用すると、デバッガセッション内で複数のビューを定義し、それらを切り替えて特定のデバッグタスクに集中できます。これらは、開発者がたとえばコアの動作を詳細に分析したい場合に、マルチコアデバッグに特に役立ちます。パースペクティブは自由に作成でき、デバッガーウィンドウを制限なく配置および配置できます。

新しいUDE2021は、完全な64ビットコードベースで実行されています。これは、特にトレースデータ分析中に発生するような大量のデータを処理する場合に、パフォーマンスが大幅に向上することを意味します。さらに、UDEは、最新の64ビットEclipseバージョンにプラグインとして統合できるようになりました。

開発者にテスト品質のメトリックを提供するUDE2021のコードカバレッジ機能は、これまで以上に包括的で強力です。Universal Debug Engine(UDE)は、コードカバレッジを計算するためにトレース情報のみに依存しています。他の方法に対する大きな利点は、テスト対象のコードをインストルメント化する必要がまったくないことです。したがって、コードカバレッジ分析全体は非侵襲的であり、いつでもアプリケーションの実行時の動作に影響を与えません。コードカバレッジの結果は、計算されたすべてのカバレッジレベルについてコンパクトな形式で表示され、関数レベルからオブジェクトコードレベルの個々の命令まで明確に表示できます。トレース記録は、興味深い関数またはコード領域に対して便利にフィルタリングできます。加えて、コードカバレッジ関数の処理が大幅に簡素化されました。UDE 2021では、明示的なアクティブ化も、必要なカバレッジレベルの事前選択も必要ありません。コードカバレッジレポートの生成と出力も改善および拡張されました。HTMLに加えて、CSV、XML、プレーンテキストも出力形式として利用可能です。これにより、レポートの内容と外観を個々のニーズに応じて簡単にカスタマイズを実現しています。

もう1つの利点として、コードカバレッジの計算アルゴリズムが根本的に改訂されました。これにより、実際には分析が大幅に高速化されます。スクリプトとツールの結合のためのソフトウェアAPIであるUDEオブジェクトモデルも、コードカバレッジに関して最適化されています。これにより、外部テストツールなどのサードパーティツールが、テストケースの品質を評価するためにUDEが提供するコードカバレッジをより適切に制御できるようになり、最終的にはさらに意味のある結果が得られます。

さらに、PythonコンソールがUDEに追加されました。そのため、人気のあるスクリプト言語は、コマンドラインを介したUDEのリモート制御などの外部スクリプトに使用できるだけでなく、UDE内のコマンド言語としても使用できるようになりました。たとえば、Pythonコンソールを使用すると、ユーザーはコンポーネントオブジェクトモデル(COM)ベースのUDEソフトウェアAPIの機能をPythonコマンドとしてUDE内で直接実行できます。ユーザーは、オートコンプリートと状況依存ヘルプによってサポートされます。実行されたコマンドは、スクリプトとして保存して、再度ロードして実行することもできます。統合されたスクリプトデバッガーを使用すると、Pythonスクリプトを簡単にデバッグ可能です。

ユニバーサルアクセスデバイス(UAD)ファミリのハイエンドUAD3 +アクセスデバイスの場合、PLSは、組み込みワールド2021DIGITALでシリアルトレース用の新しい高速ポッドを提供します。このポッドは、NXPのS32G車載ネットワークプロセッサなどの最新世代のマイクロコントローラから、最高帯域幅のシリアルトレースインターフェイスを介してUDEにトレースデータを送信できます。最大8レーンのターゲットインターフェイスがサポートされ、レーンあたり最大12.5ギガビット/秒のデータレートが実現されます。さらに、柔軟なアダプタの概念により、半導体メーカーが定義したコネクタに簡単に適合させることができます。ポッドとUAD3 +間のデータ転送は、高性能PCI-E接続を介して行われます。UAD3 +では、ターゲットシステムでキャプチャされたトレースデータを保存するために最大4GBのメモリを使用可能です。

【PLSプログラマブルロジックアンドシステムとは】
PLSプログラマブルロジックアンドシステムGmbH(PLS Programmierbare Logik & Systeme GmbH)は、ドイツ・ラウタに本社を持つ組み込み向け開発ツールのサプライヤーです。インフィニオンテクノロジーズ、STマイクロエレクトロニクス、NXPセミコンダクターズ、ルネサスなどのレガシーな半導体から最先端の半導体のためのソフトウェアデバッグソリューションおよび完全な開発ツールを提供します。ポジティブワン株式会社は、日本総販売元として、日本およびアジア市場への販売、サポートを行っております。

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1−12−1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL https://www.positive-one.com/

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウェアや世界標準ISO等に準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、サーバーを含んだハードウェアからソフトウェアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301



推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る