• トップ
  • リリース
  • JIG-SAWと酒井重工業、大成建設の自動建機協調制御システム「T-iCraft(R)」と連携し、他の建設機械との協調運転の実証実験に成功

プレスリリース

JIG-SAWと酒井重工業、大成建設の自動建機協調制御システム「T-iCraft(R)」と連携し、他の建設機械との協調運転の実証実験に成功

(DreamNews) 2021年02月09日(火)17時00分配信 DreamNews



JIG-SAW株式会社(本社:東京都千代田区、以下:JIG-SAW)と酒井重工業株式会社(本社:東京都港区、以下:酒井重工業)が共同で取り組むロードローラ向け自動操縦等の機能を実用搭載する業界標準機「Auto-Drive Synchronized Control System(略称:ASCS)for Compaction Equipment※」プロジェクトにおいて、大成建設株式会社(本社:東京都新宿区、以下:大成建設)が開発した自動建機協調制御システム「T-iCraft」と連携し、本振動ローラを含む、他3種類の建機(バックホウ、クローラダンプ、ブルドーザ)との協調制御の実証実験を東京都稲城市の南山造成作業所で実施し、成功致しました。

本実証実験により、ASCSが短期間で他社の協調制御システムと容易に連携しうる高い汎用性を持つことを確認いたしました。
引き続き本プロジェクトは、様々な企業・事業体と連携し、業界標準機の実現に向けて取り組んでまいります。

※ASCS for Compaction Equipmentプロジェクトについて
本プロジェクトは、i-Construction分野における盛土等の土木構造物に求められる品質(剛性・密度等)に大きく影響する締固め工程で用いられる締固め機械に関する自律制御並びにこれらの自動操縦等の機能を実用搭載する業界標準機開発を目的としています。
JIG-SAWと酒井重工業は、2015年より共同でロードローラ向けの自律走行・操縦システムの共同研究開発及び実証を継続してまいりました。これは、酒井重工業の建機(ロードローラ)とJIG-SAWが独自開発する自律走行・操縦ソフトウェアを連携稼働させるもので、実用化・製品化を目指して取り組んでまいりましたが、研究開発及びテスト等のプロセスを経て、2019年より実際の走行・稼働を実現場で実証することが可能なレベルとなりました。
これを踏まえ、業界標準機を開発するという位置づけを明確にし、より広範囲で関連業界各社と連携することを目指し、2019年6月、JIG-SAWと酒井重工業の共同開発を、自動操縦プロジェクト「Auto-Drive Synchronized Control System(ASCS)」の一環として、締固め機械向けに、「Auto-Drive Synchronized Control System(ASCS)for Compaction Equipment」として正式な共同開発プロジェクトとする旨の覚書に調印しています。
本プロジェクトは、今後もより広範囲での共同体としての展開を予定しています。
なお、本プロジェクトでは、すでに大林組に協力しております総務省の5G総合実証実験や大成建設のプロジェクト等にも参加しており、引き続き建設会社の各プロジェクトへの参画を通じて、その機能拡張や実用化に向けた取り組みを強化してまいります。

JIG-SAW株式会社について

IoTデータコントロールサービス
独自アルゴリズムによる全自動IoT・クラウドデータ制御・センサーコネクトサービス
最先端チップ、モジュール開発及び各種通信制御、次世代リアルタイムOSの研究開発
※最適自動制御・運用技術「オペレーションテクノロジー(OT)」をベースにした全産業の自動化、分散化、シェアリング化のためのA&Aサービスを展開
※OS技術を軸としたソフトウェア技術と組込み、超高速通信、信号制御を軸にしたハードウェア技術を保有並びに基盤技術の再生医療及び画像制御分野等への応用

会社概要

社名 : JIG-SAW株式会社 https://www.jig-saw.com/
拠点 : 東京本社/東京都千代田区大手町1丁目9番2号
     コントロールセンター/ 札幌
     米国法人/サンフランシスコ
     カナダ法人/トロント

JIG-SAW 株式会社(JIG-SAW INC.)
IRへのお問い合わせ
https://www.jig-saw.com/contact/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る