• トップ
  • リリース
  • 神戸大学と日本気圧バルク工業株式会社の共同研究により軽度高気圧酸素環境で短時間にNK細胞が増殖する事を発見

プレスリリース

日本気圧バルク工業株式会社

神戸大学と日本気圧バルク工業株式会社の共同研究により軽度高気圧酸素環境で短時間にNK細胞が増殖する事を発見

(DreamNews) 2021年01月07日(木)09時00分配信 DreamNews

神戸大学と日本気圧バルク工業(株)の共同研究により軽度高気圧酸素環境で短時間にNK細胞が増殖する事を2020年12月14日に発表しました。

神戸大学大学院 藤野英己教授(専門分野 リハビリテーション医学,体力医学,骨格筋,微小循環)と、日本気圧バルク工業(株)の共同研究において

軽度高気圧酸素環境において、NK細胞が短時間で増加する事が確認されました。

NK細胞増殖モードを搭載した酸素ルームに70分滞在すると、NK Brightが34%増加、NK dimが24%増加いたしました。
NK細胞増殖モードは、実用新案出願中です。








NK細胞とは?
NK細胞とはリンパ球に含まれる免疫細胞です。人体に侵入した外敵を攻撃する能力を備えています。

NK細胞は体内を幅広く行動しおり癌細胞やウイルス感染細胞などの異常細胞を発見すると攻撃をしかけます。
今後の研究により癌治療やウイルス治療など幅広い分野での利用が期待できます。

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る