• トップ
  • リリース
  • SABIC、自動車レーダー・センサー向けレーダー吸収LNP(tm) STAT-KON(tm)コンパウンド・ファミリーに新グレード2種を追加

プレスリリース

SHPPジャパン合同会社

SABIC、自動車レーダー・センサー向けレーダー吸収LNP(tm) STAT-KON(tm)コンパウンド・ファミリーに新グレード2種を追加

(DreamNews) 2020年12月09日(水)14時00分配信 DreamNews



ヒューストン、テキサス - 2020年12月9日 - SABICは、自動車レーダー・センサーに向けたレーダー吸収LNP(tm) STAT-KON(tm)コンパウンドに2種類の新グレードを追加し、同社のスペシャリティー材料のポートフォリオを大幅に拡張したことを本日発表した。

新たなグレードはポリブチレンテレフタレート(PBT)樹脂をベースとしており、PBT材料を使用して製造されたレドームとの統合に利用でき、自動車分野で要求される優れた耐薬品性を提供する。本製品は、より高い温度領域での使用が可能なポリエーテルイミド(PEI)をベースとする製品や高い耐久性と物理特性のバランスが要求される一般用途に向けたポリカーボネート(PC)樹脂をベースとした製品など、SABICの既存のレーダー吸収LNP STAT-KONコンパウンドを補完するものである。また本コンパウンドは、無線周波数(RF)の吸収率が高いことから、レーダー・センサーの検出範囲を拡張すると共に信号分解能の向上に寄与する。SABICは、今後も樹脂材料の革新を通じて、自動車用レーダーの成長と次世代センサーの設計に貢献していく。

レーダー・センサーは先進運転支援システム(ADAS)で広く使用されており、死角検出、衝突回避、自動ブレーキ、交通警報などの機能を提供する。またレーダー吸収体(RAM、Radar absorbent material)は、レーダー波の発信源を遮蔽するために使用され、ゴースト像、誤動作、警報を引き起こす原因となる側帯波を減衰する。レーダー吸収LNP STAT-KONコンパウンドの選択肢が広がったことで、製造業者はセンサーのポジショニングや機能の柔軟性を向上でき、車両サイズなど車両に応じて最適なセンサーを設計可能となる。

SABICのLNP製品マネージャーのJeff Xu氏は、「レーダー・センサーは、LiDARやカメラ機能を損なう視界不良の状況であっても動作可能なため、ADASスイートにおける重要な構成要素です。近年レーダー・センサー市場は急成長しており、進化を続けるテクノロジーの支援に向けて、SABICはセンサーの精度と信頼性を増強できるスペシャリティー材料を継続的に開発しています。当社のLNPコンパウンドのポートフォリオは、レーダー波の高い吸収率を提供するとともに、軍用に設計された電波吸収体と比べて、コスト面での潜在的メリットがあります。」と話している。

自動車レーダーのグローバルな成長をサポート

Grand View Research, Inc. によると、自動車レーダー市場は2025年までに121.6億USDに達し、年平均成長率(CAGR)は20.8%に達すると予測されている。こうした急拡大の背景には、自動車産業への投資拡大、車両販売台数の伸び、安全性の重視、レーダー技術の革新などがある。

新材料は、センサーの性能向上を通じて、この成長軌道に貢献している。SABICの新たなPBTベースのLNP STAT-KONコンパウンドは、77GHzで67%のRF吸収率を実現することで、自動車のADAS機能を高めることができる。SABICでは、レーダー・センサーの急速な進歩に伴い、新しい樹脂やより高いレーダー吸収特性を備えた材料をベースとした追加グレードを開発している。

SABICは、材料開発における幅広い専門知識を備え、自動車環境において、レーダー装置をどのように設計し、その装置の性能を発揮すべきかについて多くの経験がある。同社は、広範な周波数での革新的な誘電特性テストと測定、およびシミュレーションを実行できるモデリング・ツールの開発にも取り組んでおり、レーダー・センサー製造業者や自動車OEMによるシステム設計と統合の最適化をサポートしている。

SABICのすべてのレーダー吸収LNP STAT-KONコンパウンド製品ラインは、世界中で入手可能である。


SABICについて
SABIC(サウジ基礎産業公社)はサウジアラビアのリヤドに本社を置く化学製品のグローバルカンパニーです。SABICはアメリカ大陸、ヨーロッパ、中東およびアジア太平洋地区を拠点として、化学品、汎用製品、高機能性プラスチックス、肥料、金属といった製品の世界規模での生産活動を行っています。
SABICでは解決すべき課題の特定やソリューションの開発を通して、建設、医療機器、包装、肥料、電気電子、輸送機器、クリーンエネルギーといった主要アプリケーションに携わる顧客をサポートしています。2019年の生産量は7,260万トンです。
SABICは世界50か国以上で事業を展開し、3万3,000人を上回る従業員を全世界で雇用しています。SABICでは、イノベーションと独創性の育成を促進するため、グローバルで12,540件の特許出願を行っているほか、5つの主要地域(アメリカ、ヨーロッパ、中東、東南アジア、北東アジア)においてイノベーションのハブとなる研究開発のリソースを有しています。
https://www.sabic.com/

本プレスリリースについてのお問い合せ先
株式会社東京PR SABIC担当
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-15 三渓洞ビル5F
Tel:03-3273-2731 Email:pressinquiry@tokyopr.co.jp



推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る