• トップ
  • リリース
  • 大災害時代を生き抜くため、いま本当に活かせる防災の指南書 長嶋修+さくら事務所「災害に強い住宅選び」5月9日発売

プレスリリース

株式会社さくら事務所

大災害時代を生き抜くため、いま本当に活かせる防災の指南書 長嶋修+さくら事務所「災害に強い住宅選び」5月9日発売

(DreamNews) 2020年05月07日(木)11時00分配信 DreamNews

近年、度重なる災害に見舞われる日本国内。防災への関心も高まっています。災害が起きる度に想定外という言葉が繰り返され、さまざまなリスクが露呈、住まいの安全性についても改めて考えさせられるところとなりました。
業界初の個人向け総合不動産コンサルティング・ホームインスペクション(住宅診断)、マンション管理組合向けコンサルティングを行う "不動産の達人 株式会社さくら事務所"(東京都渋谷区/社長:大西倫加)では、日本経済新聞出版社より「災害に強い住宅選び」(日経プレミアシリーズ)を5月9日(土)に出版いたします。
未曾有の気候リスクの時代に生きる現代人がマイホーム購入や居住する街や土地を選ぶ際、最低限知っておくべきこと、自助・共助の予防策として手がけておくべき要点を、同社会長で不動産コンサルタントの長嶋修をはじめ、同社のホームインスペクター(住宅診断士)、マンション管理コンサルタントが解説。過去の災害から今後の防災に活かしていただきたく、数々の現場事例も盛り込みました。
また、本書発売を記念した特設サイトでは、長嶋修による各章のエッセンス解説動画を毎日公開しています。
これから住まいを選ばれる方だけでなく、今のお住まいの安全性やリスクについて多くの方に再認識していただくためにも、広く皆さまの手に取っていただければと思います。





長嶋修+さくら事務所 最新刊 「災害に強い住宅選び」

■発売:5月9日(土)アマゾンにて予約受付中
■価格:990円
■新書:224ページ
■出版社:日本経済新聞出版社

【内容紹介】
プロローグ 露呈した都市の脆弱性
第1章 不動産の災害リスクは自己責任である
第2章 土地の良し悪しをどう見分けるか
第3章 マンションは想像以上に風水害に弱い
第4章 こんな一戸建てに注意せよ
第5章 減災のための事前対策・事後対策

【著者略歴】
長嶋 修(ながしまおさむ)
1999年、業界初の個人向け不動産コンサルティング会社「株式会社さくら事務所」を設立。「中立な不動産コンサルタント」としてマイホーム購入・不動産投資など不動産購入ノウハウや、業界・政策への提言を行う。著書・メディア出演多数。
株式会社さくら事務所
「人と不動産のより幸せな関係を追求し、豊かで美しい社会を次世代に手渡すこと」を理念として活動する、業界初の個人向け総合不動産コンサルティング企業。第三者性を堅持した立場から、利害にとらわれない住宅診断(ホームインスペクション)やマンション管理組合向けコンサルティング、不動産購入に関する様々なアドバイスを行う「不動産の達人サービス」を提供、2020年4月末現在で48,000組超の実績を誇る。

●「災害に強い住宅選び」特設サイト
https://www.sakurajimusyo.com/saigainitsuyoi-book/


■不動産の達人 株式会社さくら事務所■ (東京都渋谷区/代表取締役社長:大西倫加)   https://www.sakurajimusyo.com/
株式会社さくら事務所は「人と不動産のより幸せな関係を追求し、豊かで美しい社会を次世代に手渡すこと」を理念として活動する、業界初の個人向け総合不動産コンサルティング企業です。1999年、不動産コンサルタント長嶋修が設立。第三者性を堅持した立場から、利害にとらわれない住宅診断(ホームインスペクション)やマンション管理組合向けコンサルティング、不動産購入に関する様々なアドバイスを行なう「不動産の達人サービス」を提供、48,000組を超える実績を持っています。



推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る