• トップ
  • リリース
  • 「血管移植の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

プレスリリース

株式会社マーケットリサーチセンター

「血管移植の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

(DreamNews) 2020年03月31日(火)10時00分配信 DreamNews

2020年3月31日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「血管移植の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別」調査資料の販売を2020年3月31日に開始いたしました。血管移植の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:血管移植の世界市場2020:企業別、地域別、種類・用途別
■英文タイトル:Global Vascular Graft Market 2020 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2025
■発刊日:2020年2月28日
■出版社:GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
「血管移植の世界市場」レポートでは、血管移植の世界市場の現状を明らかにするとともに、2025年までの市場規模を予測しました。セグメント分析は、種類別(ePTFE血管移植片、ポリエステル血管移植片、PTFE血管移植片、その他)、用途別(心血管疾患、動脈瘤、血管閉塞、その他)、地域別(日本、アメリカ、中国、インド、ヨーロッパ、アジア、北米、南米など)に行い、以下の構成でまとめました。
・市場概観
・メーカー概要(事業概要、製品種類、販売量、価格、売上、市場シェア等)
・メーカー別血管移植の販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向
・血管移植の世界市場規模
・血管移植の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等)
・血管移植のアメリカ市場規模推移
・血管移植のカナダ市場規模推移
・血管移植のメキシコ市場規模推移
・血管移植のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等)
・血管移植のドイツ市場規模推移
・血管移植のイギリス市場規模推移
・血管移植のロシア市場規模推移
・血管移植のアジア太平洋市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等)
・血管移植の日本市場規模推移
・血管移植の中国市場規模推移
・血管移植の韓国市場規模推移
・血管移植のインド市場規模推移
・血管移植の東南アジア市場規模推移
・血管移植の南米市場分析(ブラジル、アルゼンチン等)
・血管移植の中東・アフリカ市場分析(サウジアラビア、UAE、南アフリカ等)
・血管移植の種類別分析/販売量、売上、市場シェア(ePTFE血管移植片、ポリエステル血管移植片、PTFE血管移植片、その他)
・血管移植の用途別分析/市場規模(心血管疾患、動脈瘤、血管閉塞、その他)
・血管移植の市場予測2020年-2025年(地域別予測、種類別予測、用途別予測)
・流通チャネル・代理店・貿易業者・ディーラー分析
...

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/D0MA0608307-Global-Vascular-Graft-Market-2020/

■調査会社GlobalInfoResearch(グローバルインフォリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/globalinforesearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはGlobalInfoResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp



推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る