• トップ
  • リリース
  • リチウムイオン二次電池市場、2030年に3,517億米ドル到達、市場規模は10倍超へ拡大見込み

プレスリリース

株式会社グローバルインフォメーション

リチウムイオン二次電池市場、2030年に3,517億米ドル到達、市場規模は10倍超へ拡大見込み

(DreamNews) 2020年03月25日(水)16時00分配信 DreamNews

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「LIB (リチウムイオン二次電池) の主要コンポーネント市場分析・サプライヤーの状況」(SNE Research発行)の販売を3月25日より開始いたしました。

リチウムイオン二次電池の世界市場は、パナソニック(当時三洋電機)や日立などの日本企業から始まりました。これは、ソニー(2017年にリチウムイオン電池事業を村田製作所に譲渡)が1991年にリチウムイオン二次電池を最初に開発した後です。その後、韓国と中国の二次電池製造会社が2000年代以降に市場に参入し始めました。2018年、バッテリー市場の規模(パック数)は331億米ドルです。さらに、市場は2030年には10倍以上成長して3,517億米ドル規模に達すると予想されています。

リチウムイオン二次電池向け4材料の市場は、韓国、中国、日本間の競合で構成されています。電気自動車市場の拡大により、各国企業間の競合と成長は、今後さらに厳しくなると予想されます。

当レポートは、二次電池を小型/ ESS(エネルギー貯蔵システム)/ xEV(電気自動車)に分割し、市場予測と主要メーカーを分析しています。2025年までの市場動向を予測した旧版レポートとは異なり、当レポートでは2030年までの需要予測を提供しています。さらに、当レポートは、現在台頭している材料メーカーのリストを新たに追加しました。

各材料の市場調査データの構成に対し、一部変更が行われました。2015年から2018年までをまとめた以前の市場データは、材料別および企業別の市場シェア、および最新の価格変更を表示しています。レポートで分析されているリチウムイオン二次電池会社は、二次電池メーカー10社、正極材料メーカー20社、負極材料メーカー19社、セパレーターメーカー15社、電解質メーカー14社です。

当レポートの長所

・2015年から2018年のパフォーマンスを含む最新の市場動向と世界の LIBの予測を網羅
・韓国、日本、中国のLIB主要4材料の詳細なメーカー情報が入手可能
・2015年から2018年まで直近4年間の材料産業の使用傾向の把握が可能

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/sne926049-lib-main-4-components-market.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F





推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る