プレスリリース

UltraSoC Technologies Ltd.

UltraSoC社、菱電商事と契約、日本市場への参入を拡大

(DreamNews) 2020年02月20日(木)09時00分配信 DreamNews

イギリス、ケンブリッジ;日本・東京−2020年2月20日

UltraSoC (http://www.ultrasoc.com/) は本日、菱電商事株式会社 (http://www.ryoden.co.jp/) (以下、菱電)を日本におけるテクニカルサポート担当に選任し、オンチップサイバーセキュリティおよび埋め込み分析アーキテクチャを、多くの日本の電子機器製造業者、特に自動車アプリケーションを対象とする製造業者に提供すると発表しました。菱電は、UltraSoCの日本国内の既存営業代理店である株式会社イントラリンクと連携していくことになります。菱電は半導体業界内で広範なネットワークを持ち、戦略的に重要な拠点を日本各地に置いていることから、UltraSoCの選任を受けることとなりました。

菱電が行うことになるのは、ファーウェイ、Seagate、インテル、マイクロチップといったテクノロジーリーダーが既に採用しているUltraSoCのオンチップ監視および分析テクノロジーを利用している顧客の獲得とサポートの支援です。とりわけ将来の自動車業界における好機という点において成長している日本は、UltraSoCにとって重要な市場です。UltraSoCは最近、デンソーの子会社、株式会社エヌエスアイテクスから、性能監視および今後の自動車設計の質と信頼性の向上支援として選定されました。(http://www.ultrasoc.com/ultrasoc-selected-japans-nsitexe-automotive-development/

菱電は設立から70年以上、国内外に2,000を超える提携先を有し、国内およびアジア他地域において長年にわたる実績があります。また、日本全国に30を超える営業拠点を持ち、自動車、産業およびビル管理、エネルギーおよびセンサー技術などの分野で、その主要企業と顧客をサポートしています。これらの分野においてUltraSoCのスマートなオンチップ分析は、性能、信頼性、または安全性とサイバーセキュリティの面でメリットを提供できます。

UltraSoCのアジア太平洋担当バイスプレジデントであるLisa Yang は次のようにコメントしています。「私たちは日本における今後の機会に胸を躍らせています。菱電は、弊社の既存顧客およびターゲット顧客すべてに近い日本市場において、強力な存在感と経験豊富なエンジニアリングのリソースを与えてくれました。」

菱電のデバイスシステム事業本部 デバイス第三事業部 事業部長、一木和英は以下のように話しました。「UltraSoCの半導体IPは、チップ製造業者やシステム開発者に開発と実用面でのメリットを提供できるという点でユニークなものです。予測可能な品質と信頼性の重要性に加え、我が国が安全性とセキュリティに重点を置いていることを考えると、UltraSoCのアーキテクチャは、今後数年間でますます多くの日本の設計構造に埋め込まれることが予想されます。UltraSoCテクノロジーの全国的展開をサポートし、UltraSoCグローバルチームと協力することを楽しみにしています。」

UltraSoCの埋め込み分析技術は、チップの稼働を妨げることなく、チップ内部から監視およびレポートできるインフラストラクチャを提供します。このテクノロジーはハードウェアベースであるため、従来のアプローチよりもはるかに高速で稼働し、オンチップ事象に関してはるかに正確な表示をします。この埋め込みアーキテクチャは、悪質攻撃の特定、追跡、さらには防止に役立ちます。したがってUltraSoCは、最終製品が実用された時点で、開発中だけではなくOEMを援助している間も、性能、安全性、セキュリティ、信頼性を向上させる強力なツールを設計者に提供します。

UltraSoCについて
UltraSoCは、現在の電子製品を支えるシステムオンチップ(SoC)の中核をなす分析および監視技術の先駆的な開発者です。当社の埋め込み分析技術により、製品設計者は高度なサイバーセキュリティ、機能的安全性、性能調整機能などを加えることができます。 また、システムの複雑化や市場投入までの時間短縮など、重要な問題の解決にも役立ちます。UltraSoCの技術は、半導体IPおよびソフトウェアとして、家電、コンピュータ関係、通信業界の顧客に提供されています。 詳細については、(http://www.ultrasoc.com)をご覧ください。



推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る