• トップ
  • リリース
  • 日本海の魅力を体感・学べる「Japansea Academy」の第6回「日本海の食と酒を味わう夜 〜糀と、おむすびと。〜」を開催します。

プレスリリース

日本海縦断観光ルート・プロジェクト推進協議会

日本海の魅力を体感・学べる「Japansea Academy」の第6回「日本海の食と酒を味わう夜 〜糀と、おむすびと。〜」を開催します。

(DreamNews) 2020年02月18日(火)12時00分配信 DreamNews

2020年2月18日
報道関係者各位

日本海縦断観光ルート・プロジェクト推進協議会

日本海の魅力を体感・学べる「Japansea Academy」の第6回を開催
「日本海の食と酒を味わう夜 〜糀と、おむすびと。〜」を開催します。

日本海沿線の自治体8市と企業及び団体94社が参加する日本海縦断観光ルート・プロジェクト推進協議会(以下、「協議会」という)では、日本海の魅力を体感したり、学べたりするコミュニティ型のイベント「Japansea Academy(ジャパンシー・アカデミー、以下、「JSA」という)」の第6回目を3月2日(月)に開催します。

JSAとは、日本海沿線のヒトやコトをテーマとした情報発信を首都圏で定期的に行い、日本海の魅力の拡散、認知、理解を通じたファン化を行い、日本海へ実際に来ていただくことを目的としています。ターゲットは、ライフステージが変化する20代後半から30代前半の女性。「日本海の知恵で暮らしの質を上げる」ことをコンセプトとしています。

第6回目として、兵庫県豊岡市で生産されるコウノトリを育むお米と京都府宮津市・舞鶴市の食材、お酒を紹介する、「まなぶ つくる あじわう 日本海の食と酒を味わう夜 〜糀と、おむすびと。〜」を開催します。
兵庫県豊岡市で180年前から醤油や味噌を作り続ける糀屋、花房商店の花房靖裕さんと、「旅するおむすび屋」として全国各地でその土地の食材を使っておむすびをむすぶ、菅本香菜さんを講師に迎え、兵庫県豊岡市、京都府宮津市・舞鶴市の食材を紹介しながらおむすびワークショップでおむすびをむすび、それに合うお酒を皆さんと一緒に楽しみます。
以上

◆第6回Japansea Academy開催概要
(1) テーマ:「まなぶ つくる あじわう 日本海の食と酒を味わう夜 〜糀と、おむすびと。〜」
(2) 日 時:2020年3月2日(月)19時〜21時(受付:18時45分から)
(3) 場 所:Peatix Japan株式会社
(東京都渋谷区恵比寿4丁目6-1 恵比寿MFビル8階)
(4) 定 員:30名 ※参加条件:20歳以上
(5) 参加費:1,000円(税込)
【チケット予約サイト】
Peatix  https://peatix.com/event/1425395/view
(6) 内 容:
・ゲスト講師によるトーク(花房さん、菅本さん)
・おむすびワークショップ
・おむすびの試食、お酒の試飲
・講師を交えての交流会

・講師プロフィール






・公式SNS
Facebook  Japansea Academy
Instagram  @japansea_academy
Twitter  @JapanseaAcademy

◆日本海縦断観光ルート・プロジェクト推進協議会とは
日本海側に位置する「新潟市」「敦賀市」「舞鶴市」「豊岡市」と「WILLER株式会社」の5者が発起人となり、日本海沿線を結ぶ新たな観光ルートをつくることで交流人口を増やし、日本海沿線の経済発展を目指して平成30年4月26日に発足した。令和2年1月31日現在「佐渡市」「加賀市」「長浜市」「宮津市」の参画も経て、自治体8市、企業及び団体94社、オブザーバー3者が参加。

本件に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
日本海縦断観光ルート・プロジェクト推進協議会事務局
(新潟市 観光・国際交流部 広域観光課内)
事業者向けサイト https://biz.japansea.jp/
担当:川島 啓介/板村 康 E-mail:press@japansea.jp
TEL:025-226-2607/FAX:025-228-6188

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る