• トップ
  • リリース
  • ユーブロックス、GSMAのIoT SAFE仕様の実装によりIoTエコシステムのセキュリティを強化

プレスリリース

ユーブロックスジャパン株式会社

ユーブロックス、GSMAのIoT SAFE仕様の実装によりIoTエコシステムのセキュリティを強化

(DreamNews) 2020年02月20日(木)09時00分配信 DreamNews

2020年2月19日、スイス、タルウィル - スイスのu-blox AG(日本法人:ユーブロックスジャパン株式会社、東京港区、代表 仲 哲周)は、GSMA(Global System for Mobile Communications)が推奨する一連のセキュリティ機能を実装することにより、LTE-MおよびNB-IoT専用チップセットを中心としたIoTエコシステムのセキュリティを強化します。IoT SAFE(IoT SIM applet for secure end-to-end communication=セキュアなエンドツーエンド通信のためのIoT SIMアプレット)実装ガイドのサポートは、2020年に新発売のSARA-R5シリーズなど、UBX-R5チップセットを搭載したu-bloxデバイスのソフトウェアのメンテナンス・リリースに含まれる予定です。
SARA-R5シリーズは、複数の無線帯域でLTE-MおよびNB-IoT通信をサポートする、5G対応のソフトウェア構成が可能なIoTデバイス・ファミリーです。認証や暗号化といったプロセスのハードウェアRoT(信頼の基点)としても機能する、Common Criteria EAL5+ Highセキュリティ保証規格認定のセキュア・エレメントを搭載しています。
GSMAは2019年12月にIoT SAFE推奨仕様を公開しました。これは、IoTデバイス・メーカーとサービス・プロバイダーがSIMを堅牢かつスケーラブルなハードウェアRoTとして使用し、IoTデータ通信を保護するためのものです。これにより、アプリケーション・クラウド/サーバーとの(D)TLSセッションのセキュアな確立が容易になり、数百万台のIoTデバイスのプロビジョニングと管理のプロセスが容易化されます。

ユーブロックスについて
スイスのユーブロックス社(SIX:UBXN)は、民生、産業および自動車市場向けにワイヤレスと測位用半導体を提供するグローバルリーダーです。ユーブロックスのソリューションにより、人、自動車や機械等がそれぞれの位置を正確に決定し、さらにセルラーおよび近距離ネットワークでワイヤレス通信を行うことができます。ユーブロックスはチップ、モジュール、ソフトウェアの各ソリューションを多種用意して独自の地位を占め、OEMメーカーの皆様がIoTの革新的なソリューションを迅速かつ廉価に開発するためのお手伝いをしています。ユーブロックスはスイスのタルウィルに本社を置き、世界の各地、特に欧州、アジア、米国に多くのオフィスを構えています。詳細についてはwww.u-blox.com/ja/をご覧ください。

最新情報は、Facebook、LinkedIn、Twitter @ublox、YouTubeでもご覧いただけます。

<お問い合わせ先>
ユーブロックスジャパン株式会社
〒107-0052東京都港区赤坂4-8-6赤坂余湖ビル6階
カントリー・マネージャー
仲 哲周
電話:03-5775-3850
e-mail: tesshu.naka@u-blox.com



推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る