• トップ
  • リリース
  • 「プログラミングで未来生活体験★サガミハラスマートシティ2030」を開催 JAXA協力・相模原市教育委員会後援を得て 〜小学生を対象に1000人規模のワークショップを開催〜

プレスリリース

「プログラミングで未来生活体験★サガミハラスマートシティ2030」を開催 JAXA協力・相模原市教育委員会後援を得て 〜小学生を対象に1000人規模のワークショップを開催〜

(DreamNews) 2020年01月24日(金)17時00分配信 DreamNews

株式会社ノジマ(神奈川県横浜市、代表執行役社長 野島廣司)は、2020年2月24日(月・祝)、国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(以下JAXA)の協力のもと、相模原市教育委員会後援を得て小学生を対象に官民連携で行う、楽しく学べるプログラミングワークショップ「プログラミングで未来生活体験★サガミハラスマートシティ2030」を相模原市内で開催いたします。



◆主催:株式会社ノジマ
◆後援:相模原市教育委員会
◆運営協力:国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)、DeNA、株式会社Afrel
◆協賛企業:NECパーソナルコンピュータ株式会社、レノボ・ジャパン株式会社、東日本電信電話株式会社 神奈川事業部、エレコム株式会社、ソニーマーケティング株式会社、ソフトバンク株式会社

2020年4月から始まる小学校プログラミング教育必修化に向け、当社は小学生および教職員を対象にプログラミング授業体験会を実施し、多くの方に喜ばれてまいりました。
この度、当社創業の地である相模原にて、JAXA協力のもと、相模原市教育委員会の後援を得て小学生を対象に楽しく学べる1,000人規模の大型プログラミングワークショップを開催いたします。

当日は、JAXAの宇宙開発技術が私たちの日常生活に溶け込んでいる事例を参加者に紹介し、興味のきっかけとしながらプログラミングの講座を展開いたします。また、相模原市立小中学校視聴覚教育研究会の先生による特別授業を2種類開講し、質が高く楽しい学びを子どもたちにお届けいたします。

申し込みは2月1日(土)より、「プログラミングで未来生活体験★サガミハラスマートシティ2030」専用HPにて受付を開始いたします。

◆日時:2020年2月24日(月・祝)10:00〜17:00
◆場所:公益財団法人 相模原市まち・みどり公社 けやき会館
◆対象:小学生(全学年)
◆参加費:無料〜2,000円(講座別)
◆参加申し込み方法:
「プログラミングで未来生活体験★サガミハラスマートシティ2030」
専用HPにて掲載 (※HPは1月30日より閲覧可能)
https://www.nojima.co.jp/ssc2030/
※2月1日(土)より申込開始、応募多数の場合は抽選となりますのでご了承ください。

◆内容:プログラミング講座全7種類
(1)発動!探索ロボレゴ(R)WeDo2.0スマートシティの危機を救え!
(2)スマートシティ大パニック!Scratchで謎を解き明かせ!
(3)JAXA×Sotaコミュニケーションロボットと学ぶ宇宙!
(4)スマホは小さな基地局だ!電波キャッチゲームを作ろう!
(5)自動走行ロボットでミニロボコン体験!
ほか、2種類をご用意しております。応募多数の場合は抽選となりますのでご了承ください。

◆JAXA特別展示ブース
(1)私たちの身近にある!JAXA活動紹介
(2)宇宙飛行士訓練体験!
(3)ブルースーツで記念撮影!
上記は常設展示スペースです。来場者皆様にご参加いただけます。

詳細は「プログラミングで未来生活体験★サガミハラスマートシティ2030」専用HPよりご確認をお願いいたします。

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る