• トップ
  • リリース
  • 大興電子通信株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:松山晃一郎)は、2020年2月12日(水)より開催される「第6回 ウェアラブルEXPO」に熱中症対策パッケージソフトを出展します。

プレスリリース

大興電子通信株式会社

大興電子通信株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:松山晃一郎)は、2020年2月12日(水)より開催される「第6回 ウェアラブルEXPO」に熱中症対策パッケージソフトを出展します。

(DreamNews) 2020年01月21日(火)18時00分配信 DreamNews



「ウェアラブルEXPO」は、最新のウェアラブル端末から活用ソリューション、AR/VR技術、最新ウェアラブルデバイス開発のための部品・材料まで、世界最大のウェアラブル専門展です。

大興電子通信は、作業現場での熱中症対策や安全管理をご検討中のご担当者さまに、大規模な投資をすること無くトライアルいただけるパッケージを出展いたします。
お客さまが抱えている熱中症対策として、当パッケージがどの程度有効か、自社の運用に適用できるかなど、本格的にご検討いただく前にトライアルとしてご利用ください。
その他、IoWに連携したデバイスを多数展示いたします。ぜひご来場の際には当社出展ブースにお立ち寄りください。

ただいま、本展示会の招待券をプレゼントしております。以下よりぜひお申し込みくださいませ。
https://www.daikodenshi.jp/event/20200212-wearable/

皆さまのご来場を心よりお待ちしております。



【開催概要】
会期:2020年2月12日(水)から14日(金)
会場:東京ビッグサイト
出展場所:西展示棟 2ホール 小間番号:10-66

出展製品:
・IoW熱中症対策トライアルサービス
工場・倉庫などの職場においても、熱中症による死傷対策が大きな課題となっています。
熱中症対策では、暑さ指数の測定、定期的な休憩、水分補給の促進などの対策が推奨されています。
温湿度センサから暑さ指数を取得して、スマートウォッチを装着した作業者に定期的な休憩を促します。

・IoW映像監視サービス
緊急時に映像で現場の状況を確認可能なサービスです。
更にAIでの画像認識による転倒検知や動線管理によるQC活動への活用、緊急時の映像自動切り替えを実現しています。当ブースでは、実際の監視システムと連携して展示いたします。

・その他 連携デバイス
 デジタルサイネージ | 製造業KY活動のリアルタイム通知
 スマートグラス   | 作業者の視界を遠隔地で共有/サポート
 リングスキャナ   | 超軽量・小型ウェアラブリング二次元スキャナ
 酸素・ガス検知   | 危険エリアにおけるリスクマネジメント

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る