• トップ
  • リリース
  • Yahoo!ニュースの音声版にエーアイのAITalk(R)が採用 Amazon Alexa、Google アシスタントに対応

プレスリリース

株式会社エーアイ

Yahoo!ニュースの音声版にエーアイのAITalk(R)が採用 Amazon Alexa、Google アシスタントに対応

(DreamNews) 2019年12月27日(金)13時00分配信 DreamNews

株式会社エーアイ(本社:東京都文京区、代表取締役:吉田 大介、証券コード:4388、以下エーアイ)は、ヤフー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川邊 健太郎)が提供するYahoo!ニュースのAmazon Alexa対応版・Google アシスタント対応版で、2019年12月25日(水)の配信より音声合成AITalk(R)が採用されたことをお知らせします。

■Yahoo!ニュースへのAITalk(R)採用について
Yahoo!ニュースがAmazon AlexaとGoogle アシスタントに対応したことにより、Amazon EchoやGoogle Homeなどのスマートスピーカー、Google アシスタントアプリをインストールしたスマートフォンから最新のYahoo!ニュースを音声で伝えています。このたび「AITalk(R) 声の職人(R) パッケージ
版」が導入され、Yahoo!ニュースのテキスト情報を「AITalk(R) 声の職人(R) パッケージ版」に入力するだけで、簡単にニュース用の合成音声を作成できるようになりました。導入の理由としては、ニュース配信に高品質な音声合成を利用したいということから、AITalk(R)を評価いただきました。



■「AITalk(R) 声の職人(R) パッケージ版」について
「AITalk(R) 声の職人(R) パッケージ版」製品サイト
https://www.ai-j.jp/products/voice/

「AITalk(R) 声の職人(R) パッケージ版」はパソコンにテキストを入力するだけで、手軽に音声ファイルが作成できる、ナレーション作成ソフトです。
販売製品のガイダンス、電話自動応答音声、eラーニング、動画などのデジタルコンテンツのナレーション音声として法人活用が進んでいます。さらに、アナウンス原稿の読み上げや、ニュースコンテンツのナレーション作成として、メディアでの活用も広まりつつあります。



■Yahoo!ニュース(Amazon Alexa・Google アシスタント対応版)について
Yahoo!ニュースはAmazonが提供するクラウドベースの音声サービス「AmazonAlexa(アマゾン アレクサ)」と、Googleが提供するアシスタントアプリ「Google アシスタント」に対応しました。「Yahoo!ニュースを開いて」と話しかけると、最新のニュースをお伝えします。更新時間は朝6:00、昼12:00、夜18:00の1日3回。365日、毎日配信します。

●Yahoo!ニュース(Amazon Alexa対応版)紹介ページ
https://www.amazon.co.jp/Yahoo-Japan-Corp-ニュース/dp/B074V86SQW
●Yahoo!ニュース(Google アシスタント対応版)紹介ページ
https://news.yahoo.co.jp/newshack/information/google_home.html

■音声合成AITalk(R)とは
AITalk(R)は、コーパスベース音声合成方式を採用し、より人間らしく自然な音声で、自由に音声合成を
することができる音声合成エンジンです。
●3つの特徴
(1)豊富な話者
日本語話者は大人から子供まで男女15種類、関西弁にも対応。
(2)感情表現も実現
使用するシチュエーションやご用途に合わせた喜怒哀楽の感情表現を実現。
(3)誰の声でも合成データに
芸能人や声優、自分の声でも短時間の収録で音声合成用データに変換。
※1:プランにより収録文章数が異なり、また個人によって読上げスピードや読み間違い等があるため、収録時間に差があります。
※2:一般的に収録文章数が多いほど音質は向上します。ご用途によって最適な収録数・音声辞書作成方法をご提案いたします。

■株式会社エーアイ 会社概要
ホームページURL:https://www.ai-j.jp/
本社:東京都文京区西片1-15-15 KDX春日ビル10階
設立:2003年4月
事業内容:音声合成エンジン及び音声合成に関連する
ソリューションの提供

※掲載されている会社名・製品名・サービス名は各社の商標または登録商標です。

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る