• トップ
  • リリース
  • 国際学会「AsiaTIDES: オリゴヌクレオチド治療薬・ペプチド治療薬学会アジア大会:2020年」(KNect365 Life Sciences主催)の参加お申込み受付開始

プレスリリース

株式会社グローバルインフォメーション

国際学会「AsiaTIDES: オリゴヌクレオチド治療薬・ペプチド治療薬学会アジア大会:2020年」(KNect365 Life Sciences主催)の参加お申込み受付開始

(DreamNews) 2019年12月24日(火)11時00分配信 DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバルインフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、2020年2月24-26日 京都市、ウェスティン都ホテル京都にて開催されますKNect365 Life Sciences主催 国際学会 「AsiaTIDES: オリゴヌクレオチド治療薬・ペプチド治療薬学会アジア大会:2020年」の代理店として参加のお申込み受付を12月24日より開始致しました。

オリゴヌクレオチド分子とペプチド分子の製品化に向けた作業の加速に役立つ最新の研究成果、技術、提携相手を見つけ出すことができるアジア地域で唯一のイベント

AsiaTIDESでは、個々の分科会を通じて、創薬、非臨床試験、臨床試験、CMCから後期段階の開発、商業化までのオリゴヌクレオチド製品やペプチド製品に関する最新の開発戦略が明らかになります。

2020年の主な見どころ

・mRNA医薬に関するセッションが拡充され、Moderna、BioNtech、AstraZenecaなどの幹部が登場します。
・CMC関連規制についてのセッションが拡充され、BiogenやIonisなどの幹部が登場します。
・オリゴヌクレオチド治療薬のIND/IMPD申請に関するワークショップが予定されています。
・ペプチドの創薬と開発の分野における最新のトピックに関するワークショップが予定されており、ペプチドの特性を改善するための方策などが焦点となります。
・Ferring、GSK、Neon Therapeutics、AstraZenecaなど、これまでAsiaTIDESでプレゼンテーションを行ったことのない企業の幹部が登場します。
・出展者の数とポスター発表の件数が過去最大になる見通しです。

株式会社グローバルインフォメーションでは、皆様の利便性を図る為に、日本語、韓国語、中国語で「AsiaTIDES: オリゴヌクレオチド治療薬・ペプチド治療薬学会アジア大会:2020年」の情報を提供するとともに、学会の参加のお申し込みを承っております。

学会:「AsiaTIDES: オリゴヌクレオチド治療薬・ペプチド治療薬学会アジア大会:2020年」
開催日:2020年2月24-26日
開催地: 京都市、ウェスティン都ホテル京都
概要、お申し込みはこちら: https://www.giievent.jp/kne913828/

KNect365 Life Sciences代理店
株式会社グローバルインフォメーション
〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3
アーシスビル 7階
電話: 044-952-0102
FAX: 044-952-0109
E-mail: conference@gii.co.jp



推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る